目 腫れる 原因。 泣くと目が腫れるのはなぜ?その原因と対処法について!

足立区・八潮市で、まぶたの腫れでお悩みなら北あやせよつば眼科

目 腫れる 原因

予防法 特にペルシャやヒマラヤンなどの短頭種の猫は、角膜への刺激に対しての感度が悪い、と言われています。 角膜に何かが入った刺激でまぶたを閉じるスピードが遅いのです。 ですから、格段の注意が必要です。 具体的な予防法としては、抜け毛が空中に浮遊して目に入らないようにブラッシングをまめにしたり、目のまわりをマッサージしてあらかじめ抜け毛を減らしてあげたりします。 また、目の上にある毛は切らないようにします。 「上毛」と呼ばれるこの毛は、目の近くに来たゴミや抜け毛から目を守る、人間で言うまつげの役目を果たしています。 むやみに切ってしまうと異物が目に入りやすくなってしまいますので、猫のひげはいじらないのが1番です。 初めての猫飼い、、5年目に突入しましたが、まだまだわからないことだらけです。 「目の病気は直接命に関わる事は少ないが、最悪の場合は失明や眼球摘出をする事もある。 なかでも「結膜炎」は、ウイルス感染 や ゴミやシャンプーなどの異物が目に入る事でも起こり得る、、に関しては「ちょっとしたことでも身近で起きる可能性が大」なんだということを感じました。 愛猫の目の病気を早めに見つけてあげるためには「涙目」「めやに」「目をよくこする」など、いつものかわいい目に異常はないか、、今まで以上に カノジョをしっかり見てあげなくては と強く思いました。 目の病気に限らず 他の病気にも言えることですが、目に見えないウイルスは 外出先で「家族」が持ち帰る可能性もあるそうです。 ウイルスによる感染症の予防策として、帰宅後は 必ず手洗い!の他、予防注射(ワクチン接種)が有効で安心だという事を改めて感じました。 猫はグルーミングの際にたまに目をこすっていますが、頻繁にやっているとなれば何か目の異常が起きていないか確認しなければいけないなと思いました。 短頭種の猫は角膜の刺激に気付かない場合もあるのですね。 ゴミなどが舞うことのない環境作りも必要ですが、猫ちゃんの毛の管理もきちんとしてあげることが大切だと感じました。 私もそうでしたが、小さい子は猫のひげをよく触ったりぴっぱってしまったりということがあるのでひげは猫の目を守る役割もしているということを知ることが出来て良かったし、ひげには触れないようにしようと思いました。 また猫の目の病気は思っていたよりも数多くあることが分かりました。 何か目の様子が変わっていないか、日頃から猫の目の状態を観察して少しでも異常があれば早めに動物病院に連れていってあげようと思いました。 猫ちゃんの目の病気は怖いですよね。 涙が出ていたり、目やにが出ていたりしていたらすぐに分かりますが言葉を喋らない猫ちゃんですから、目に見えて異常が無ければ発見が遅れてしまい失明することも実際にあるようです。 私の知り合いの子猫ちゃんも発見が遅れ異常に気づいて病院に連れていった時には手遅れで結局失明してしまったそうです。 元々野良の子で体調も悪く猫風邪を引いていたので、免疫力も体力もあまりなく余計に残念な結果になったそうです。 でもその子猫ちゃんは体調も治り片目は無事なので今では元気にヤンチャをして飼い主さんを困らせてますけどね 笑 目に少しでも異常を感じたら獣医師さんに相談するのが一番ですね。 大切な愛猫ちゃんの為にも注意深くみてあげたいです。 目の病気に限らずエリザベスカラーを猫にするの大変じゃないですか?と、いうのも我が家の猫で目を悪くした子がいまして二週間程エリザベスカラーをしていたのですけど、着けようと思ったら嫌がるし暴れるし、着けたら着けたで狭い場所が通れなく引っ掛かるし、何故か後ろに下がろうとし続け壁にぶつかるし、つけなかったら目を掻いて悪化させるしでとにかく大変でした。 困っていた時に知人が、カップ焼きそばやカップラーメンの容器で手作りのエリザベスカラーを作る方法があることを教えてくれたので、インターネットを見ながら作ってみたところ大きさがちょうどよかったのか、それを使ったらなんとか大人しく普段通りの生活をしてくれたので無事に目も完治しました。 エリザベスカラーでお困りの方は「エリザベスカラー 手作り 猫」で検索してみて下さい。 猫の視力って人間の10分の1しか無いこと知っていますか?例えば人間だと一ミリ感覚で並んでいる二本の線を認識できる場合、猫は一本の線としか認識できず、一センチ間隔で二本の線が並んだ時に初めて二本の線だと認識できるそうです。 僕たちの感覚ではちょっと理解しづらいですし、かなり不便そうですが猫にとってはそれが普通なんでしょう。 だからといって小さな獲物を捕らえたり、動く猫じゃらしに飛び付いたりするので目が悪い訳ではないそうです。 感覚的には細かい物が見辛いということなんでしょうかね? またちょっとした光などで見えづらくるそうです。 車のヘッドライトで目が眩んだ猫が轢かれる事故もこのためですね。 猫の視力に関しての豆知識でした。 今までに4匹の猫を飼育してきましたが、幸いにも猫の目が腫れたという経験は1度もありません。 しかし、目の病気だけでもこれだけの種類があることには驚きました。 猫の目は、単にゴミが入って腫れることもあるそうですが、素人には見極めがとても難しそうです。 飼い主の勝手な判断で「ゴミでも入ったんだろう」と思い込み、様子を見ていると実は重大な目の病気だった、なんてことがあっては大変です。 猫の目に異常があればすぐに病院へ行こうと思いました 猫の目の病気は様々ですね。 うちの猫ちゃんは、冬になるとかならず、結膜炎になります。 寒風の中にウイルスが混ざっていて少し体力が衰えてるときになるらしいです。 最近は猫ちゃんの年のこともあって、気を付けていまして、この冬はまだ結膜炎にならずに平和に生活しています。 目は、ごみやウイルスが入りやすいので気を付けたいですね。 もう一匹の猫ちゃんはとゆうと、緑内障と闘っていました。 今はよくなりましたが、目をしょぼしょぼしたり見えにくそうなそぶりをしたりと、かわいそうで、心配でした。 日頃では、食べ物にも気を付けていまして、カボチャを湯がいたのをフードの上にのせて与えたりしてビタミンを多く摂れるようにしています! この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

猫の目が腫れる病気5つ!その原因や症状、治療法

目 腫れる 原因

CONTENTS• リンパ節の組織 リンパ節が腫れる原因や、リンパ節が腫れた場合に考えられる疾患について紹介する前に、まずは、そもそもリンパ説とはなんなのかについて知っておきましょう。 細胞外の水のことを、一般的に「体液」と呼んでいます。 体液の代表が血液(血漿)であり、リンパ液や脳脊髄液も体液に含まれます。 リンパ液の通り道がリンパ管であり、その途中にある「関所」のような組織をリンパ節と呼んでいます。 心臓から全身へと送り出された血液の9割は、静脈をとおって心臓へと戻ってきます。 残りの1割は、身体の隅々にある毛細血管網から漏れだし、細胞間に組織液として溜まります。 組織液には、細胞に栄養を与えたり、細胞から老廃物を受け取ったりする働きがあります。 余分な組織液の内の8割から9割は血液中に戻りますが、残りの1割から2割はリンパ液となるのです。 リンパ液はリンパ管を通って、鎖骨の辺りで静脈へそそがれます。 リンパ節には、リンパに含まれている異物を処理し、血管内に侵入するのを防ぐ働きがあります。 リンパ節は、首や脇の下、鎖骨や太ももの付け根など、さまざまな場所にあります。 そして、さまざまな原因によって、リンパ節が腫れるのですが、その原因については、後ほど詳しく紹介したいと思います。 リンパ節が腫れる・痛くなる理由 リンパ節が腫れることを、医学的にはリンパ節腫脹(りんぱせつしゅちょう)と呼んでいます。 耳の下には大きなリンパ節があるので、リンパ節腫脹は耳の下によくみられるということです。 リンパ節が腫れたり、痛くなったりする理由は、何らかの原因によってリンパ節に炎症を起こすからです。 炎症には、5大徴候と呼ばれるものがあります。 それは、「発赤(ほっせき)」「腫脹」「熱感(ねつかん)」「疼痛(とうつう)」「機能障害」です。 疼痛とは、疼くようにズキズキと痛むことを意味します。 炎症というと悪いイメージがあるかも知れませんが、実は、治癒反応という側面も持っています。 細菌やウイルスに感染すると、身体を守ろうと白血球が働きます。 感染症のときに白血球の数値が上がるのはそのためです。 そして、白血球が細菌やウイルスと戦う際に、炎症がみられることとなるのです。 ちなみに、膿とは白血球の死骸なのです。 リンパ節腫脹の原因となる疾患 リンパ節の仕組みやその働き、リンパ節が腫れたり傷んだりする理由について知って頂いたところで、次に、リンパ節主張を引きおこす原因疾患について見ていきたいと思います。 感染症 リンパ節腫脹を引き起こすもっともありふれた原因疾患が、感染症です。 中でも、上気道感染症はリンパ節腫脹を引き起こすポピュラーな疾患として知られています。 上気道とは、鼻腔や咽頭から、喉頭までの空気の通り道を指します。 上気道に細菌やウイルスが侵入することによって、上気道に炎症がみられたり、リンパ節腫脹が起こったりするのです。 上気道感染症のほとんどが風邪です。 上気道感染症を引き起こすウイルスとしては、アデノウイルスやコロナウイルス、ライノウイルスやRSウイルス、パラインフルエンザウイルスなどがあげられています。 小さいお子さんがいらっしゃる家庭ではおなじみのウイルスかもしれません。 ちなみに、ウイルス性の疾患を根本から治療するための医薬品は存在しません。 「風邪を治す薬ができたらノーベル賞もの」と言われるのはそのためです。 「え?風邪薬があるじゃない?」と思われる方は、風邪薬の説明書をよく読んでみてください。 そこには、風邪による「諸症状の緩和」と書かれているはずです。 つまり、風邪薬には、風邪にともなって見られる発熱や頭痛、鼻水や咳などを出なくする働きはありますが、原因となるウイルスをやっつける働きはないのです。 インフルエンザに対するタミフルも同様です。 タミフルにはインフルエンザウイルスの増殖を食い止める働きはあるのですが、インフルエンザウイルスそのものをやっつける働きはないのです。 上気道感染症を治療する場合、多くの病院やクリニックで抗生物質が処方されますが、抗生物質は細菌をやっつけるための薬なので、ウイルス性の疾患には効果がありません。 病院やクリニックでは「二次感染を防ぐため」などと説明されていますが、これこそが耐性菌増加の原因であると、多くの感染症専門家は指摘しています。 自己免疫疾患 リンパ節腫脹と自己免疫疾患をともなう難病に、自己免疫性リンパ増殖症候群と呼ばれる疾患があります。 自己免疫性リンパ増殖症候群の患者数は、全世界で400人、日本で20人ほどと考えられています。 年齢とともに症状が軽くなる傾向があるそうです。 医原性 なんらかの病気の治療にともなってリンパ節腫脹がみられる場合、医原性リンパ増殖性疾患の可能性もあります。 最近になって、関節リウマチを治療している人に、リンパ節腫脹のみられるケースがあるということです。 ただ、日本における医原性リンパ増殖性疾患の患者数は発症率、背景因子などはまだ明らかになっておらず、今後の調査結果が待たれています。 悪性疾患 リンパ節腫脹がみられる場合、悪性疾患が疑われることもあります。 リンパ節腫脹をともなう悪性疾患としては、悪性リンパ腫や急性白血病、結核やヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染、悪性腫瘍やガンの転移などがあげられています。 脂質蓄積症 脂質異常症(かつての高脂血症)によって、脂質代謝に異常が見られる場合、代謝物質が蓄積することによって、リンパ節腫脹を引き起こす可能性があります。 内分泌系 甲状腺機能亢進症や、難病の一種であるアジソン病を発症した場合、リンパ節腫脹の見られることがあるということです。 甲状腺機能亢進症の代表例がバセドー氏病です。 全身の新陳代謝が異常に早くなるため、心臓がドキドキしたり汗をたくさんかいたり、体重が減少したり、イライラしたりします。 また、目が飛び出したようになるのも特徴です。 アジソン病は、ステロイドホルモンの分泌量が、慢性的に生体の必要量以下になってしまうことで発症すると考えられています。 リンパ節の腫れと痛みのチェック方法 それでは次に、リンパ節の腫れと、痛みのチェック方法について紹介したいと思います。 ただし、このチェック法はあくまでも目安に過ぎません。 自己判断で放置せず、必ず病院を受診するようにしてくださいね。 リンパ節の腫れの大きさ・かたさ・痛みの有無 リンパ節の大きさは、一般的に米粒大から小豆大とされています。 とはいっても、普段からリンパ節に触れている人はあまりいないのではないでしょうか。 明らかに上気道感染症(風邪など)にともなってリンパ節が腫れているのであれば、それほど心配することはないでしょう。 ただ、リンパ節腫脹がみられる際に怖いのが、悪性リンパ腫の可能性です。 リンパ節腫脹が悪性リンパ腫によりものであるのか、そうでないのかを判断する基準はいくつかありますので、紹介しておきたいと思います。 リンパ節の大きさが1. 5cm以上になっている• リンパ節を押しても痛みはない• リンパ節の形が丸くなっている• 鎖骨の上にあるリンパ節が腫れている• 原因不明の体重減少が見られる• リンパ節から膿がでている このような兆候が見られる場合には、ただちに病院を受診するようにしましょう。 自己判断で放置すると、後悔をする結果になりかねません。 腫れと痛みの継続する期間 リンパ節腫脹にともなって、強い痛みや膿などが見られる場合には、ただちに病院を受診するようにしましょう。 その他の場合は、かかりつけのお医者さんに電話で相談するとよいでしょう。 リンパ節腫脹から考えられる病気 リンパ節腫脹がみられると、「病気になってしまったのかしら?」と心配になることと思います。 そこで、リンパ節腫脹がみられる場合に、考えられる病気を紹介しておきたいと思います。 全身のリンパ節が腫れている場合に考えられる病気 リンパ節腫脹は大きく分けて、局所に起こるケースと、全身のリンパ節に見られるケースの2つのタイプがあります。 では、全身のリンパ節が腫れるような場合、どのような病気が疑われるのでしょうか。 白血病 全身のリンパ節が腫れているような場合、白血病の可能性が考えられます。 白血病には、急性白血病と慢性白血病の2種類があり、それぞれ、骨髄性とリンパ性の2タイプがあります。 中でも、リンパ性の白血病の場合、リンパ節腫脹の見られることがあるということです。 白血病というと、血液の癌としてよく知られていますが、血液中のがん細胞はそれほど多くなく(骨髄のがん細胞は増加)、正常細胞の現象が目立つというケースも多いようです。 骨髄性の白血病とリンパ性の白血病とでやや症状の重さは違いますが、いずれのケースにおいても、発熱や出血、貧血といった症状が見られるということです。 慢性の白血病に関しては、欧米では慢性リンパ性白血病がポピュラーなのですが、日本での症例はあまりないようです。 日本で慢性白血病といった場合、慢性骨髄性白血病のことを指すケースがほとんどです。 悪性リンパ腫 全身のリンパに腫れがみられるような場合、悪性リンパ腫を発症している可能性もあります。 悪性リンパ腫も血液のがんの一種で、白血球の一種であるリンパ球ががん化するという特徴を持っています。 白血病の場合とは異なり、悪性リンパ腫は塊を形成するという特徴もあります。 特に腫れやすいのが首や脇の下、足の付け根のリンパ節なのですが、どこのリンパ節が腫れてもおかしくないということです。 ただ、上気道感染症にともなって現れるリンパ節腫脹の場合とは異なり、通常は圧痛(押した際に痛むこと)はありません。 数週間から数ケ月かけて病状が進行すると、腫れが全身に広がって、症状も全身に波及します。 悪性リンパ腫の症状としては、発熱や急激な体重の減少、極端な寝汗などがあげられています。 その他にも、身体にかゆみや発疹がみられたり、血流障害が見られたりすることもあります。 また、悪性リンパ腫によってできた腫瘤によって気道が圧迫されると、気道閉そくを起こすようなこともあります。 そのような場合、ただちに治療を開始する必要があります。 悪性リンパ腫が起こる原因については、ハッキリとしたことが分かっていません。 ただ、免疫不全の人に、悪性リンパ腫の現れやすい傾向があるようです。 また、遺伝との関係も指摘されています。 ウイルス性感染症 ウイルス性感染症によって、全身のリンパ節に腫れが出ることもあります。 ウイルス性感染症の場合、リンパ節を押した際に圧痛をともなうという特徴があります。 また、リンパ節が急に腫れてきて、痛みが急に出始めるという特徴もあります。 ウイルス性感染症としては、伝染性単核症や風疹、麻疹、流行性耳下腺炎、水痘、HIV感染症などがあげられています。 伝染性単核症は、思春期から青年期にかけてよく見られる疾患で、ほとんどはEBウイルス(Epstein-Barr Virus)に感染することによって起こります。 伝染性単核症は、英語で「Kissing disease」とも呼ばれており、キスをしたときに唾液を介して感染するケースもあるということです。 日本人の場合、およそ7割が2歳から3歳までに感染を終えているとされ、20代になると9割以上の人が抗体を持っているということです。 小さいうちに感染した場合は、自覚症状をともないません。 思春期以降に感染した場合、38度以上の熱が1週間ほど続くほか、全身がだるくなったり、鼻づまりやのどの痛みが見られたり、扁桃腺が腫れたりするということです。 自己免疫疾患 自己免疫疾患がある場合、全身のリンパ節腫脹の起こるケースがあるそうです。 先ほども少し触れましたが、自己免疫疾患の一種である関節リウマチを治療している人には、リンパ節腫脹が見られやすいという報告も出てきています。 自己免疫疾患とは、本来であれば身体を守るべき免疫機能が、自分の細胞を攻撃し始める疾患のことを言います。 自己免疫疾患の原因については、ハッキリとしたことが分かっていません。 部分別の腫れから考えられる病気 それでは次に、局所のリンパ節が腫れるような場合、どのような病気が考えられるのかについて見ていきたいと思います。 頸部 頚部のリンパ節が腫れる代表的な疾患としては、上気道感染症があげられます。 風邪を引いたときに、喉のリンパが腫れるなどと言いますが、それは、喉のリンパに炎症を起こすことによって現れるのです。 鎖骨上リンパ節 鎖骨にあるリンパ節が腫れている場合で、40歳以上である場合、がんを発症している可能性があるので、注意が必要だとされています。 リンパ節を指で押したときに、やわらかくて動きのある場合はそれほど心配しなくていいのですが、リンパ節が固くなっていて、動きが悪い場合には速やかに病院を受診しましょう。 わきの下 わきの下のリンパが腫れている場合は、上肢の感染症を起こしている可能性があります。 また、乳がんの際にわきの下のリンパが腫れるケースもあるので、やはり早めに病院で診てもらいましょう。 太ももの付け根 太ももの付け根にあるリンパ節が腫れているような場合、下肢に感染症を起こしていたり、陰部に感染症を起こしていたりする可能性があります。 リンパ節が腫れたらどうすればいいのか リンパ節が腫れる原因や、考えられる病気などに付いてみてきましたが、いかがだったでしょうか。 風邪でリンパがよく腫れるという人の場合、それほど心配する必要はないかもしれません。 ただ、いつもとは違った場所のリンパが腫れてきたり、急速に腫脹が大きくなってきたり、痛みが強かったりする場合は、速やかに病院で診てもらうことが重要です。 耳の下やのどの下のリンパが腫れたのであれば、耳鼻科を受診するとよいでしょう。 何科を受診したらいいのか分からない場合は、とりあえず内科を受診しましょう。 検査の結果、適切な科を紹介されると思います。

次の

目の下・まぶたの腫れの原因はストレス?考えられる病気と対処法|All About(オールアバウト)

目 腫れる 原因

顔の腫れは一時的にむくんでいるだけですぐに治ることもありますが、ときに思わぬ病気が隠れていることもあります。 最近、疲れやすく顔が腫れぼったい• 突然顔が強くむくみ、息苦しい• 顔や体のむくみが続いている このような場合に考えられる原因には、どのようなものがあるでしょうか。 顔が腫れる原因となる病気 顔が腫れているときには、顔全体が腫れている場合と、顎や頬など顔の一部分だけが腫れている場合とで考えられる病気が異なります。 顔全体が腫れる原因として考えられる病気 顔の全体に腫れがみられるときには、甲状腺や心臓、肝臓、腎臓といった臓器の異常や、などの可能性があります。 甲状腺機能低下症 とは、代謝を活発にするための甲状腺ホルモンの作用が低下する病気です。 特に中年以降の女性に多く、代表的なものがの一つである橋本病です。 疲労感やむくみ、皮膚乾燥、体重増加、便秘、無気力、目や顔が腫れぼったくなるなどの症状が現れ、月経異常や不妊などを引き起こすこともあります。 初期の段階では体がだるい、眠気が強い、汗をかきにくくなったなど、疲れや加齢のせいと思わせる症状が多いため、注意が必要です。 甲状腺機能亢進症 とは、代謝を活発にする甲状腺ホルモンが過剰に出てしまい動悸や体重減少、疲れやすさ、軟便、筋力低下、イライラなどが起こる病気で、喉仏のすぐ下にある甲状腺の腫れで気づくこともあります。 を引き起こす原因で代表的なのひとつであるの患者さんで、まぶたの腫れや赤み、目の奥の痛み、眼球が飛び出したようになるなど目に症状がでることもあります。 肝不全・腎不全 肝不全によって血液中のタンパク質が少なくなったり、により水分がうまく排出できなくなったりすると、顔や体がむくむことがあります。 肝不全とは、や、アルコールや薬による肝障害などが原因となって肝臓の機能が低下した状態です。 皮膚の黄疸や腹水による腹部の膨れ、疲労、筋力低下、吐き気など全身に症状が現れ、数日で急速に進行する場合もあれば数年かかって徐々に進行する場合もあります。 とは腎臓のはたらきが悪くなった状態です。 急激に腎機能が悪化する急性では、一般的に尿の出が悪いか全く出なくなるという症状が現れます。 ゆっくりと進行する慢性では初期の自覚症状がなく、かなり進行してから夜間尿や、倦怠感、目や足のむくみなどが現れることが多いです。 顔の一部が腫れる原因として考えられる病気 顎や耳の下、頬など顔の一部や片側だけが腫れているときには、その部分に生じた炎症や腫瘍などが原因となっている可能性があります。 蜂窩織炎 ほうかしきえん ・丹毒 ほうかしきえん は傷や、皮膚の病気などで皮膚にできた小さな開口部からレンサ球菌やブドウ球菌などの細菌が侵入して感染する、皮膚感染症の一つです。 は患部の境目がはっきりしませんが、の一種のは患部と正常な皮膚の境界がはっきりしており、光沢のある隆起した赤斑ができ、触ると硬く感じられます。 虫歯 虫歯とは、虫歯菌が食事中の糖類を利用し作った酸によって歯が溶かされてしまうことです。 初期には自覚症状はありませんが、進行して歯の内側や神経まで到達すると咀嚼時の痛みがでたり、冷たいものや熱いもの、甘いものがしみたりするようになり、段々と日常的な強い痛みになってきます。 虫歯が進行すると細菌に感染して、歯の周辺に炎症を起こして膿がたまり、顎や頬などが腫れて発熱や痛みを生じることがあります。 耳下腺腫脹 耳の前にある耳下腺にウイルスや細菌が感染してを起こすと下顎の後縁(エラ)付近が腫れて痛みや発熱を伴うことがあります。 有名なのは、流行性()です。 また、耳下腺の腫瘍でも腫れることがあり、片側性でゆっくりと大きくなります。 病院を受診する目安と医師に伝えるポイント 顔の腫れとともに皮膚症状や呼吸器症状、意識障害などがありが疑われる場合、早急に救急外来などの医療機関を受診する必要があります。 顔の腫れがなかなか治らないなど、他の症状も気になるときには原因を調べる必要があるため、早めの受診を考えましょう。 かかりつけの内科や、心臓の病気なら循環器科、腎臓なら泌尿器科、肝臓なら消化器科、甲状腺なら内分泌科、顎や口の中などの病気なら口腔外科など各専門の診療科を受診するとよいでしょう。 医師にはいつから腫れているのか、腫れの広がりや縮小、痛み、他の気になる症状など詳しく伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活におけるアルコールや塩分などの摂りすぎや、血行不良などが原因となって顔が腫れている可能性もあります。 アルコールの摂りすぎ アルコールを摂りすぎると利尿が増えて脱水になり、皮膚の下に溜まった水分を排出するはたらきが弱くなるため、むくみが生じます。 飲みすぎないために 飲酒量や飲酒日数の具体的な目標を立てて飲み過ぎないようにしましょう。 多量飲酒者やなどでは、場合によっては医師や専門家の力を借りながら飲酒量を減らす必要があります。 塩分の摂りすぎ 塩分を摂りすぎると体内の水分量も増えるので、血圧が上がったりむくみを生じたりします。 塩分を摂りすぎないために 食塩の摂取量は1日6g未満が推奨されています。 塩分の多い外食や加工食品は控え、香辛料や香味野菜、酸味を利用しながら低塩の調味料を使っていきましょう。 血行不良 睡眠不足や疲労などによって血流が悪くなると、余分な水分や老廃物がたまって顔がむくむことがあります。 血行をよくするために まずは睡眠時間をしっかりと確保して疲労を取りましょう。 最低でも6~7時間の睡眠は必要といわれています。 熱すぎない蒸しタオルなどで温めることや、温めるのと冷やすのを交互に繰り返すことも血行をよくするのに効果があると考えられています。 よくならないときには 顔の腫れには何らかの病気が隠れていることもあります。 なかなかよくならない場合は病院を受診しましょう。

次の