官能 小説 作家。 女性のための「官能小説」急増! 読み込んだ女性がすすめる厳選7作(1/3)

官能小説の短編を公募している出版社、雑誌を教えてください

官能 小説 作家

「女性作家」ということでお答えさせていただきます。 正確には「官能小説家」ではないのですが、 【室生佑月】の短編群は、面白く読めます。 「設定はリアル/展開はドラマティック」という雰囲気で、 それだけに、登場人物の心情に共感しやすくて好きです。 自分は男性ですので、主人公の女性よりも その彼氏のほうに親近感をいだきますけれど、、、 あと、女流の正統派(?)官能小説家に【藍川京】がいます。 こちらはそのものズバリ!な路線のようですが、 たとえば『人形の家』で、主人公の初老男が 人形を通して性愛をかなえる描写は、 「女性にしか思いつかないのかな?」と考えさせられます。 じつは【藍川京】の作品は 「いかにも官能小説的」な展開が多すぎて 途中で挫折してしまったのですが、 そのテのストーリーもOKでしたら、 一読の価値があると思いますよ。 わたしの読み始めは、「月刊OUT」という雑誌で富士見ロマン文庫の特集をしてからです。 一番最初に買ったのは「ペピの体験」です。 外国の翻訳ものでした。 最近のおすすめは、 二見書房 星野ぴあす著 「美少女楽園 妹と美少女」(だったとおもいます) こ…これは、 某12人の妹ですね。 名前は一字ちがいです、よーく考えてください。 おもわず手をうってしまいました。 でも これ、いいんですかね。 いいんです! ほかにも、某セーラー服美少女戦士系(登場人物が)というのを書かれた作家さんもおられました 外人がでるといえば、短絡的に翻訳ものはでうでしょう。 外国の翻訳ものはどの出版社のものでも、古くに出版されたものの中にたくさんあります。 ときどき古本屋にならびますのでのぞいてみてはどうですか。 こういう文庫本を集めているのですが、ロマン文庫のものは付加価値がついてきて値段が上がってきていますね。 今出ているものでは、「カリギュラ」とか「エマニエル夫人」シリーズや「ファニーヒル」とかありますので探してみては。 とっつきにくいようでしたら、表現の仕方に注目してみてはどうでしょうか? 先の外国ものですが翻訳した作家さんも大分苦労したところが見えるので、ああそうかと思うものもあります。 ストレートに表現されるより衣一枚はさんだような表現をされたほうがなんとなくいいんですけども。 それにしても、さいきん、純愛系というのが減ってきています たいがい陵辱系です しいていえば、近親ものがこのカテゴリーにはいるみたいですね。 ああ、青い性ものが読みたい。 今日は、どこか壊れています… とっつきにくい。 まさに、翻訳ものは、少し難解なのです。 アジア系なら、まだ、なじみ深いのですが、、、 名前からして、すでに、入りこめない。 古本屋ですか。 神田には、とんとご無沙汰ですが、 ブックオフ系は、よく、行くので、 探してみます。 官能小説系の雑誌や本屋や評論家など、 いますか? バックナンバーで、特集をしていたのや 男性週刊誌に、連載されているのは、 いくつか読みました。 山田詠美みたいな感じが、読みたいんですけど、、 あと、風俗体験系、、、 今日、新聞で、読んだのですが、ネット小説で、 人気だった方で、最近、お亡くなりになった女性の方が、 いらっしゃるのですね。 メールマガジンやネット小説、漫画で、 お勧めのものがあれば、そちらも、教えてください。 検索方法が、よく、わかりません。 キーワードの組合わせがよくないのかもしれませんが、、 A ベストアンサー オノマトペの頻出や、作家の創作による特殊卑語の連発はポルノの世界。 官能小説とは異なると考えます。 そこで辞書的な定義はさておいて、私の雑駁な区分です。 1 即物的性的描写を主体に、直接的に劣情に働きかけようとするのはポルノ小説。 2 男女のおかれた状況や心情を描写し、脳の働きを経て性愛の感性の扉をたたくのは官能小説。 性的表現も当然あるが、言葉を大事にして書きすぎず、作者は読者の心理的な琴線に挑戦する。 心理的満足感と肉欲の発情の有無や程度は、読者の作品への同化の程度次第である。 さて、 質問は 2 を求めていらっしゃいますので何がしか付記するならば、 ・文章のしっかりした作家(いわゆるポルノ作家でない)の作品を選ぶ。 彼らはきわどい場面を書いても表現を選び書きすぎず、 余韻すなわち読む人の感性に訴える余地を残す。 ・ストーリー乃至はテーマを持つ作品を選ぶ。 これが良い加減だと場面変われど内容は繰り返し。 ・短編か長編かは読者の好み。 下手な作家の短編は最悪だし長編は付き合いきれない。 ・作家を切り口にして読み込むこと。 そして自分の感性に合う作品や作家を見つけるのが快感です。 もちろん、ある作家の全作品が全て自分に合うわけではありません。 ご参考まで、 Chapter0さんの年代・好み等不明ですが、 是非お読みなさい!は『13のエロチカ』坂東眞砂子 角川文庫 薄くて安い本です。 20台30台40台50台の女性若干名づつに薦めて読後の感想とその理由を聞きましたが、 総じて好評です。 どれが好みかは当然個人差があります。 男性も女性も読書の習慣のない人は官能小説はだめのようですネ。 小池真理子、坂東眞砂子、林真理子、藤田宜永、瀬戸内晴美、他 良いのがあります。 清水一行も古くには官能小説を書いているのをご存知ですか? 豊田行二もある時期から官能小説を大量に書きましたが殆どがワンパターンです。 こんなのはいかがでしょう。 「浪漫的恋愛(ろうまんてきれんあい)」小池真理子 新潮文庫 登場する三人の女性達は中年で家庭を持ち、きっかけこそ異なれども一途に恋にはまりこむ。 家庭に縛られ自由の利かない女達が男好きになり、相手を求めて逢引に出かける。 明示的な表現は僅かだが、明らかに肉欲とその行為を伴う逢う瀬である。 救われるのは相手の男は彼女達との恋に真剣なことである。..... 「透光の樹(とうこうのき)」高木のぶ子 文春文庫 下半身の単純な欲望ではなく、体のもっと上の方、胸のあたりから、 切なくうずきながら下半身に訴えかけてくる感覚。..... 「天涯の船」玉岡かおる 新潮文庫 一般の小説ですが、小説として面白く後半では主人公の切なさが十分伝わります。 耐えられるポルノ小説と言うとこんなのはいかがですか。 「官能小説化R」杉本彩 徳間文庫 まったく気楽に読んでそれっきりといったものです。 つい多言を要したにもかかわらずお役に立つか否か不明ですが、 良い本に巡り合われることを祈ります。 オノマトペの頻出や、作家の創作による特殊卑語の連発はポルノの世界。 官能小説とは異なると考えます。 そこで辞書的な定義はさておいて、私の雑駁な区分です。 1 即物的性的描写を主体に、直接的に劣情に働きかけようとするのはポルノ小説。 2 男女のおかれた状況や心情を描写し、脳の働きを経て性愛の感性の扉をたたくのは官能小説。 性的表現も当然あるが、言葉を大事にして書きすぎず、作者は読者の心理的な琴線に挑戦する。 心理的満足感と肉欲の発情の有無や程度は、読者の作品への... Q こんばんは。 質問させて下さい。 先日、「純情エレジー」という短編集を読みました。 有名作品のようで、あまり本を読まない私でもタイトルを知っていたため、図書館で借りました。 表紙の絵が10代の女子の心を掴むかわいらしさで、ワクワクしながら読んだのですが…私には面白さが理解できませんでした。 以下少しネタバレを含みますので、ご注意下さい。 特に一番はじめの、缶ジュース1本で売春する高校生の女の子と、クラスメイトでその女の子を軽蔑する男の子の話は理解不能でした。 男の子は女の子を罵倒し、でも結局セックスします。 男の子が女の子を好きになったとか、怒り心頭して犯してしまうとかならまだしも、いずれでもなさそうでした。 この小説はいわゆるエロ小説ではないので、おそらく作者が描きたいとは性描写そのものではなく、その向こうにあるものだと思うのですが、分かりません。 この作品に限らず、性描写が多い作品の面白さや、意図すること、メッセージ性を教えて下さい。 他の作品を例に用いる際は、必要部分のあらすじも教えて下さると嬉しいです。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー むかし読んだ古めの小説ばかりです。 お眼鏡にかないますかどうか。 複数の女性たちが出てきますが、いずれも切ないほどに真実です。 この小説は美しいとしか言いようがありません。 それぞれが切ない恋をします。 そのお針子を描いて最も有名な中編の小説です。 仏語でオンディーヌ、あのジロドゥの演劇のもとになった小説です。 以下『椿姫』などいろいろあるところですが、現実の恋愛書簡というものも興味深いかもしれません。 勝手に三つあげてみます。 興味おありになれば第二書簡から第五書簡まででも(「愛の書簡」と呼ばれています)お読みになるとよいでしょう。 特にエロイーズの書簡は女性の手になる、おそらく古今もっとも激越な愛の告白の一つです。 女性の恋愛は真剣で切ないですね。 岡倉の死とともに恋愛書簡は終わりを迎えます。 贅言は要すますまい。 むかし読んだ古めの小説ばかりです。 お眼鏡にかないますかどうか。 複数の女性たちが出てきますが、いずれも切ないほどに真実です。 この小説は美しいとしか言いようがありません。

次の

女性のための「官能小説」急増! 読み込んだ女性がすすめる厳選7作(1/3)

官能 小説 作家

概説 [ ] 専門のレーベルから出版されることが多いが、これは出版社が世間体を気にしているためである。 わざわざ別会社を設立して販売している例もある。 大半が書き下ろしとしてやの形で出版されるが、人気作家になるとや男性向けやなどに連載する場合も多い。 もちろん一般の小説と同様に、ウェブサイトに掲載したり携帯電話で配信したりすることもある。 店頭では人目を気にして内容を吟味しにくいためか、タイトルは「」「女教師」「」「」「おさま」など「**もの」をストレートに表現していることが多い。 これは多数の作家が、出版社やジャンルによって筆名を使い分けている(あるいは使い分けさせられている)事にも現れている。 販売方法 [ ] 販売場所としてはのほか、および駅の売店などが挙げられる。 書店以外では文庫本が主で、かつ一つのテーマ、作家などによる短編集が多く売られる傾向にある。 また、コンテンツの特殊さゆえに消費者が対面販売での購入に抵抗感を持つ事が多いため、多くの専門レーベルでは直販を積極的に推進している。 単行本に通販用の注文用紙を挟み込む事はかなり以前から行っており、近年ではオンライン通販も展開している。 特に、他ジャンルでは電子出版という言葉すらなく、技術が確立される以前の時代からテキストデータでの販売すら行っていたのは特筆すべき事である。 しかし、電子出版では黎明期から行ってきているためか、紙媒体より高めの価格設定(1. 5倍前後)が多く、価格面での心理的抵抗が大きい。 昨今ではレーベルによってはまず携帯電話等への配信で徐々に値段が下がる傾向にあり、以前からのノウハウを生かして「すぐに手に入る」ためだけ、単純に販路を増やすだけの配信方法から、より読者の要望にあわせた電子出版に変わっていく事が期待されている。 表紙の装丁 [ ] 単行本の表紙の多くはなどを用いた写実的な女性の絵である。 芸術的に見て優れた絵も多く、画家(、、など)にも少数だがファンが付いているほどである(画家達の表紙絵作品だけを集めてJPEGデータ化したCD-ROMアルバムが販売されている)。 装丁は、新書より大きな判で発売される時には、銀や金などの金属光沢のある素材によって飾られることもある。 しかし、この独特の装丁では買いにくいという声や(のパッケージと同じである)、読者の嗜好の変化などから、主に官能小説専門以外のレーベルにおいて、それよりも少し柔らかな画風の絵が、表紙に用いられることが増えている。 また、官能小説専門のレーベルでも、一般書店用に従来と同じ装丁のものを発売する一方、煽動的な文言の帯をのぞき、明るめの色を使ったカバーに差し替えたバージョンの本を作成し、コンビニエンスストアや駅売店等で販売するなどということも行っている。 内容 [ ] 各話毎に性描写を入れなければならないため、また、(出版者側が想定している)読者の要求に応えるため、話の展開に無理が生じやすく、現実感に乏しい事が多い。 このため、官能小説が「男のファンタジー」と呼ばれたりする事がしばしばある。 ただし、官能小説は後述するようにリアリズムを追求するジャンルではないので、この事が評価を下げる点とはならない場合が多い。 また、よりもな表現(例えばヒロインのキャラクター設定を「性的な関心が無い貞淑な女性」としたり、「無関心を装っても心中は欲求不満な『淑女』」としたり、「」としたりする、など)が優先される事が多い。 いわゆる「」やの表現、があっても、他の文学ジャンルと異なり低い評価を与えられないのが大きな特徴である。 とはいっても、オリジナリティが無ければ人気が出るというものではなく、作家にとってオリジナリティとステレオタイプの匙加減が重要といえる。 狭義の官能小説では現代社会を舞台とすることが多く、主として江戸時代を舞台にした時代小説の形を取るものも書かれている。 また、週刊誌や男性誌の連載などではサスペンスや経済小説の形式を取る事も多い。 その一方で、SFやファンタジー、ミステリーを採用する事は少ない。 これは読者に前提知識を要求するような要素を加えると、内容が散漫となり話に集中出来なくなる恐れがあるからだと考えられる。 ただし、過去には当局の取り締まりを避けるために「核戦争後の日本」といった荒唐無稽な未来小説や魔女狩りの横行した中世ヨーロッパを舞台にしたなどの作品も書かれていた。 このような状況ながら、中にはあそびごころ的にちらりとSFやファンタジーの芽を見せる作家も存在する。 過去には、一部の作家には、有名なのを行ない、扱いされてを受賞した作品もあった。 また、ごく稀にを取り上げる作品も存在する。 ただし、ほとんどの場合は添え物レベルに留めるのが常であり、官能小説の範囲を逸脱すると読者から低評価を受ける事が少なくない。 近年のメジャー系出版社で刊行される小説はやの要素が強い物が多い。 逆にある程度マニア傾向にある出版社で刊行される作品はストーリーそのものは単純で下記のようなジャンルをはっきりと書く作品が多い。 こうした官能小説のうち数少ない例外として、やが賞賛した『』がある(ただし、内容から官能小説ではなくの一種とする向きもある)。 独特な用語 [ ] 官能小説では卑猥さを演出するため(また、かつては取り締まりを回避するため)、独特な用語が使われている。 陰茎:肉樹• 膣:蜜壷• 小陰唇:花弁• 肛門:菊座 等• ・排泄器官に関する医療用語(いわゆる) 2006年にはから官能小説の用語や表現を集めた辞典が刊行されている。 また、近年の作品ではが多用される傾向にある。 規制 [ ] 性的な主題を扱った他のジャンルと同様に、官能小説にも検閲・規制の問題があり、等をめぐって様々な論争があった。 中でも• 『』をめぐる一連の裁判()• などは有名である(これらが官能小説にあたるかどうかも異論がある)。 しかし、その是非とは別に、摘発や規制がかえって官能小説独特のなどの表現方法を発展させたという事実もある。 近年ではやなど、より刺激の強いメディアが登場したこともあり、小説の性描写が問題になる事はごく稀である。 ただし、・などでの掲載においては、性描写がで厳格に管理されている。 ジャンル [ ] 一般の小説は読者の趣味・嗜好に合わせた様々なジャンルに分化しているが、官能小説はさらに読者のにも合わせた膨大なジャンルのバリエーションがある(詳細はを参照)。 ただし、実際には下記のジャンルのいくつかが複合して作品が成り立っているのが普通である。 ジャンル一覧 [ ]• ・・・・• ・・などの• ・(強制)・• などの• ・喪失• や、切除などの肉体改造• (実母・義母・伯叔母・姉妹・従姉妹・姑など)• (複数)• お姉さん(年上の中で、特に未婚の女性がメインヒロインとなる。 お姉さん先生など)• (女子高校生がメインヒロインとなる)• 美少年、、、(一部ではメインストーリーとなっているが、ほとんどは添え物)• 熟女(同級生の母親、女将、女社長など)• 学園・学校• (男性読者の嗜好としての)• 服装(・・・…など)• 職業(・保険外交員・女教師・各種アイドル・女医・看護師・スチュワーデス()・・・…など)• (時代物)• 、(少数存在する)• 宗教家(、、など)• もの(など)• 、嬢、AV女優、など「水商売」や性風俗産業に従事する女性(ジャンルとして避けられる傾向にあるが、少数存在する) - ピンク映画やオリジナルビデオ、アダルトビデオでは比較的取り上げられる事が多い。 (ジャンルとして避けられる傾向にあるが、少数存在する)• - 男性主人公の場合が多いが、一部ではヒロインが能動的に動く作品もある。 また、傍流のものとして、• SF・ファンタジー()• 告白・実話物• 実写系のメディアミックス作品• 向け(とくに向け。 の「」、の「」などが有名) がある。 これらは、タイトルのなかにそのまま含まれることが多い。 また、最近ではやの隆盛に伴って、女性向けの官能小説()、少年向けの官能小説()が出版されることも増えている。 1980年代から90年代にかけては、実写系の作品として、やの女優をヒロインとしグラビアを挿絵とした官能小説があった。 また、(小説の範疇から外れるが)女優が官能小説を朗読するカセット集等も存在した。 ただし、これらはキワモノ的な企画であることが多く、イメージのギャップや表現の限界もあって現在に至るまで主流とはなっていない。 とはいえ現在でもインターネット上でこういったコンテンツを配信している企業も存在する。 なお、官能小説では映像化・漫画化に関しては成功しているものが少ない。 これは官能小説が読者の想像力に委ねられる部分が多く、映画化や漫画化はその読者の裁量の部分を埋め立ててしまう事が多いからと考えられる。 また、これは規制にも掛かる事であるが、官能小説における表現は主観的な事が多く(例:ヒロインの心情描写など)、客観的にならざるをえない映像や漫画では力不足になってしまう事も大きい。 ただ、近年では家によるイラストや雑誌掲載時のイラストを同時収録している作品も販売されている。 ほとんどの官能小説はで描かれるが、一部の作品や下記の告白本・実話物ではが使われる事がある。 一人称の場合はヒロインからの視点がほとんどであり、男性主人公からの視点の作品は少ない(の初期の作品や、の一部の作品にある程度)。 稀に第三者からの視点の作品もある。 告白本・実話物 [ ] 「告白本」「実話物」と呼ばれる独特のジャンルが存在する。 これは、読者より寄せられた告白体験をまとめたと称する書籍である。 告白と言われているが実際はほぼすべてがフィクションであり、事実上作家の名前を出さない短編集である。 ほぼすべてがフィクションであるということは、読者側もある程度暗黙の了解として承知している。 なぜならば、中には読者からの投稿により作られていると書かれているのに、読者が実際に投稿する宛先がかかれていなかったり、募集していてもあからさまに「 フィクションであってもよい」「年齢性別等は自称でよい」といった但し書きがあったりするからである。 ジュブナイルポルノ [ ] 詳細は「」を参照 ジュブナイルポルノとは、1980年代後半に勃興した、に近似した様式で制作された若年層向けの官能小説を分類して指したもの。 ジュブナイルポルノでは、大半のレーベルでライトノベルと同様に巻頭カラーイラストがあり、本文中にも挿絵がページ単位で挿入されているなど、従来の官能小説とはだいぶ異なる体裁を持っているが、最大の特徴は狭義の官能小説ではタブーとされるSFやファンタジーの要素が小説の世界観としてにふんだんに利用されていることにある。 これは対象としている読者層がライトノベルの読者中の成人層やアダルトゲームのプレイヤーであり、そのような世界観についての予備知識をある程度持っていることを前提としているためである。 また、ジャンルの歴史という面から見ても、最初期のレーベルであるの富士見文庫(富士見美少女文庫)では、『』シリーズの作品を主力ラインナップとしていたことなど、1980年代の時点で既に他のメディアとの連動が意識されており、SFやファンタジーの要素がふんだんに含まれた作品が多数出版されていたことが挙げられる。 この巻頭カラーイラストや本文中に挿入した挿絵の多くの割合を性描写に割く富士見美少女文庫のスタイルは1990年代に入って次々と勃興した後続レーベルの方向性にも大きな影響を与え、の普及と共に、多くのアダルトゲームが利用するファンタジー調の世界観や設定をジュブナイルポルノの読者層へ受容させるための礎となっていった。 業界が本格的な発展を遂げた1990年代以降、ジュブナイルポルノ、アダルトゲーム、アダルトアニメの三業界は本文・イラストの人材面も含めて相互に高い関連性を持つようになり、この三者のいずれかが原作となってのアニメ化・ゲーム化・ノベライズは相互に多数制作されている。 脚注 [ ] []• 関連項目 [ ]• 代表的な官能小説レーベル• フランス書院文庫 -• 同社のコミック文庫では、フランス書院文庫の漫画()化作品が多数存在していた。 マドンナメイト文庫 - マドンナ社()。 小説の他に、実話物もシリーズ化している。 また、1980-90年代には、同文庫内で「」を発行するなど、独特のメディア展開をしていた。 アップル・ -• リアルドリーム文庫 -• 竹書房ラブロマン文庫 -• 過去にあった官能小説レーベル• グリーンドア文庫 -。 海外翻訳作品が中心。 - 、、などの官能小説を映像化。 このうち団、宇能の作品は比較的多数製作されており、『』や『』のように作者名自体がタイトルの一部になる事もしばしばあった。 - 低予算での製作ゆえ、著作権使用料や権利関係などから上記のロマンポルノに比して映像化された作品は少ない。 しかし、団鬼六が自ら映画制作プロダクションを設立してピンク映画を製作していた事など、一定の交流が存在した。 - 官能小説を原作としているものが一部存在している。 - 官能小説を原作としているものが一部存在している。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

官能小説家一覧

官能 小説 作家

官能小説家一覧 [ ] あ行 [ ]• (上原稜)• か行 [ ]• 高竜也• さ行 [ ]• た行 [ ]• な行 [ ]• は行 [ ]• 廣島恋• ま行 [ ]• [森一夫] や行 [ ]• (山口昇一)• ら行 [ ]• わ行 [ ]• この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の