おしおしゅんご。 NHKアナウンサー押尾駿吾のプロフィール結婚している?大学は?性格やアナウンサーとしての評判は?

NHKのアナウンサー一覧

おしおしゅんご

概要 [編集 ] NHKには全国の放送局に約500名のアナウンサーが所属しており、アナウンス業務のほか、番組の取材や企画・番組制作なども行う。 入局したアナウンサーは東京()での研修を経て、各地の放送局へ配属される。 その後、2年から5年経過すると最初の転勤を経験することになる。 各放送局に配属されるアナウンサーのほか、所属、外郭団体であるおよび(G-Media)に出向しているアナウンサーもいる。 ラジオセンター所属者は原則ラジオのみの担当であり、テレビでは一部の者がナレーションに関わっているのみ。 日本語センター出向者は本来の業務であるアナウンス教室・話し方教室の講師のほか、NHK放送センター(東京アナウンス室)配属に準じて全国放送の番組を担当する。 またG-Media出向者は同社が制作(または制作協力)するスポーツ中継の実況を中心に担当する。 また、日本語センターには第一線を退いた専属アナウンサーがおり、アナウンス講座の講師や東京アナウンス室の業務補完(ラジオニュースその他)などに従事している。 地方の場合、その地方の管轄局は管理職を含めて10~20人、その他の地方局は5~7人のアナウンサーが所属している。 ただし関東・東海・近畿など拠点局とエリアが重なる放送局は局の規模が少ないためアナウンサーは2~4人程度であり(水戸は5人、 2020年時点で水戸は6人 京都は6人で構成)、室蘭・帯広・北見・函館・旭川のように正職員アナウンサーが1人しかいない局も存在する。 そのため、小規模局へ拠点局のアナが定時ニュースなどの応援で出向担当することがある。 NHKアナウンサーの転勤(異動)は管理職は6月、一般職は7月終わりから8月初めに行われ、全国規模で異動が行われる。 一般職はスポーツの実況のアナウンサーが異動の場合、オリンピックの時期は、9月初めになる場合あり。 また、番組改編に伴ういわゆる「キャスター人事」(不定期人事異動ともいう。 これには管理職・一般職不問)というものもあり、これに関しては各放送局にもよるが、2月から3月にかけて異動が行われることが多い。 キャスター人事については、新年度の番組開始に備えるため年度頭ではなく、基本的に新年度全国放送キャスター発表に合わせ発令・内示される。 凡例 [編集 ]• は原則として入局年次、年齢順によったが、各局の統括責任者を最初とした。 EA - エグゼクティブアナウンサー• CA - チーフアナウンサー 北海道 [編集 ] 札幌放送局放送部 [編集 ] 統括責任者 [編集 ]• (たかぎ・やすひろ)アナウンス専任部長 男性 [編集 ]• (いちかわ・やすし)嘱託• (ふくい・しんじ)嘱託• (しらさき・よしひこ)CA• (ふるや・としろう)CA• (のむら・まさお)• (やひろ・りゅうぞう)CA• (ほり・のぶひろ)CA• (ほしの・けいすけ)• (あかまつ・しゅんり)• (よこやま・てつや)• (よしかわ・りゅういち)• (せた・ちゅうだい)• (すずき・はるか)• (にしさか・ふとし)• (たかやま・だいご) 女性 [編集 ]• (ほり・なほこ) 函館放送局放送部 [編集 ]• (あみ・しゅういちろう) 旭川放送局放送部 [編集 ]• (やまだ・ともき) 帯広放送局放送部 [編集 ]• (かんど・こうたろう) 釧路放送局放送部 [編集 ]• (すずき・たかひこ)• (こやま・りょう) 北見放送局放送部 [編集 ]• (ますこ・ゆうと) 室蘭放送局放送部 [編集 ]• (たかはし・ひでかず) 東北 [編集 ] 仙台放送局放送部 [編集 ] 統括責任者 [編集 ]• (こでら・やすお)アナウンス専任部長 男性 [編集 ]• (すぎお・そうき)嘱託• (ましも・たかし)EA• (あべ・やすし) CA• (つだ・よしあき)• (つかもと・たかゆき)• (うちこし・ひろき)• (かねしろ・ひとし)• (いけの・たけし)• (かつろ・きょうすけ)• 手嶌真吾(てしま・しんご)• (たかぎ・ゆうご) 女性 [編集 ]• (おおぬま・ひろみ) CA• (もりた・まりえ) 秋田放送局放送部 [編集 ]• (よしだ・かずたか)副部長• (あきの・ゆみこ)CA• (ますだ・すぐる)• (みやざき・けいた)• 倉沢宏希(くらさわ・ひろき)• (あさだ・はるな) 山形放送局放送部 [編集 ]• (なかや・ふみひこ)副部長• (しばた・とおる)CA• (はすみ・しょういち)CA• (おおさわ・ゆきひろ)• (かねこ・しゅん)• (のぐち・あおい)• 吉岡篤史(よしおか・あつし) 盛岡放送局放送部 [編集 ]• (さとう・りゅうぶん)副部長• (みよし・まさと)• (おおしま・たかし)• (こばやし・だいすけ)• (ささき・よしふみ)• 中村慎吾(なかむら・しんご)• (すがや・りんか) 福島放送局放送部 [編集 ]• (しおざわ・だいすけ)副部長• (たなか・ともき)• (やまおか・ひろあき)CA• (かわさき・かんじ)• (はが・けんたろう)• (あんどう・ゆい)• 須藤健吾(すとう・けんご) 青森放送局放送部 [編集 ]• (きたむき・としゆき)副部長• (みなみやま・よしひろ)CA• (たかいち・よしあき)• (ほんだ・しゅんすけ)• (つちだ・つばさ)• 園田遼斗(そのだ・りょうと) 関東・甲信越 [編集 ] NHK放送センター(東京)については「」を参照 長野放送局放送部 [編集 ]• (さかもと・あつし)副部長• (わたなべ・ひろゆき)CA• (やまだ・やすひろ)• (たなか・ひろと)• (まつむら・まさよ)• (にしかわ・のりたか)• (かわぐち・ゆりか) 新潟放送局放送部 [編集 ]• (なかむら・ゆたか)副部長• (やまざき・ともひこ)• (さとう・しゅんきち)• (きたじま・うきょう)• 伊原弘将(いはら・ひろまさ)• (きむら・ほの) 甲府放送局放送部 [編集 ]• (たかはし・みすず)副部長• (えとう・やすひこ)CA• 大谷昌弘(おおたに・まさひろ)• 志賀隼哉(しが・しゅんや)• (にしおか・りょう)• 堀井優太(ほりい・ゆうた) 横浜放送局放送部 [編集 ]• (ごとう・ただし)CA• (せきぐち・たけし) 千葉放送局放送部 [編集 ]• (おがわ・こうじ)CA• (きた・けんじ) さいたま放送局放送部 [編集 ]• (いずみ・こうじ)CA• (よしば・ゆみえ) 水戸放送局放送部 [編集 ]• (かの・むつみ)副部長• (ひろせ・やすひろ)CA• (たかはし・こうすけ)• (むかい・かずひろ)• (なかむら・けいこ)• (もり・はなこ) 前橋放送局放送部 [編集 ]• (よしだ・かずゆき)CA• (はらぐち・まさおみ)CA 宇都宮放送局放送部 [編集 ]• (かとう・まさひと)CA• (はしもと・なおこ) 東海・北陸 [編集 ] 名古屋放送局アナウンス [編集 ] 統括責任者 [編集 ]• (ひるま・たかし)アナウンス専任部長 男性 [編集 ]• (うちやま・としや)CA• (わかばやし・のりやす)CA• (くまくら・さとる)CA• (むらたけ・しょうじ)CA• (たかやま・てつや)• (おおさか・としひさ)• (べつい・たかゆき)• (こしづか・ゆう)• 田中逸人(たなか・はやと)• (やまだ・ひろき)• (さこう・あすか)• (かんべ・かずたか) 女性 [編集 ]• (むらかみ・ゆりこ)• (もりやま・はるか)• (にしぼり・ひろみ)• (みわ・ひでか)• (はしづめ・さき) 金沢放送局放送部 [編集 ]• (なかお・こういちろう)副部長• (みずたに・あきひろ)CA• (みやざき・こうすけ)CA• (ふなおか・ひさつぐ)• (やまうち・いずみ)• 守屋瞭(もりや・りょう) 静岡放送局放送部 [編集 ]• (よこお・たいすけ)副部長• (みかみ・わたる)CA• 早坂隆信(はやさか・たかのぶ)• (さとう・あゆみ)• (たかやなぎ・しゅうへい)• 後藤佑太郎(ごとう・ゆうたろう) 福井放送局放送部 [編集 ]• (ひらの・てつし)副部長• 河島康一(かわしま・こういち)CA• (かくたに・なおや)• (いがらし・りょう)• 山口瑛己(やまぐち・えいき)• (おおたに・まいか) 富山放送局放送部 [編集 ]• (いまじょう・かずひさ)副部長• (かぬま・けんすけ)CA• (かじわら・のりあき)• (いしい・ともや)• 齋藤湧希(さいとう・はやき)• 柴田拡正(しばた・ひろまさ)• (いわさき・かほ) 津放送局放送部 [編集 ]• (はしづめ・ひでのり)CA• (なかむら・のぶひろ)• 浅井理(あさい・おさむ) 岐阜放送局放送部 [編集 ]• (あさの・まさのり)CA• (もちづき・ゆたか)• (おかざき・ひろき) 近畿 [編集 ] 大阪放送局編成部アナウンス [編集 ] 統括責任者 [編集 ]• (たむら・やすたか)アナウンス専任部長 男性 [編集 ]• (まさの・みつのり) CA• (いとう・たけひこ)CA• (とみさか・かずお) CA• (おおはし・のぶゆき)CA• (とりうみ・たかき)CA• (やまじ・ただお) CA• (さいとう・まさなお)CA• (かみおか・あきら)CA• (みやた・たかゆき)• (ちかだ・ゆういち)• (おおいし・まさひろ)• (つつい・りょうたろう)• (みわ・ひろたか)• (しみず・たかあき)• (かのう・ふみひさ)• (にのみや・なおき)• (おおかわ・ゆうすけ) 女性 [編集 ]• (いわつき・さとこ)• (いちやなぎ・あやこ)• (わたなべ・さわこ)• (うしだ・まゆ)• (いだ・かなこ)• (はたけやま・えみ)• (かわさき・りか) 京都放送局放送部 [編集 ]• (かんずい・そうし)副部長• (さいとう・ひさあき)CA• 堀井洋一(ほりい・よういち)CA• (こばやし・ちえ)• (さかい・よしひこ)• 江原啓一郎(えばら・けいいちろう) 神戸放送局放送部 [編集 ]• (きたごう・みほこ)副部長• (ひろさか・やすのぶ)CA• (たなか・たかひろ)CA• (かたやま・ともひこ) 和歌山放送局放送部 [編集 ]• (よこばやし・よしずみ)CA• (やすだ・しんいちろう)• (おしお・しゅんご) 奈良放送局放送部 [編集 ]• (あきしか・まさひと)CA• (よしだ・まこと)• (みなみ・さとし) 大津放送局放送部 [編集 ]• (たしろ・じゅん)CA• (おおやま・たけと)• (いながき・ひでと) 中国・四国 [編集 ] 広島放送局放送部 [編集 ] 統括責任者 [編集 ]• (ひるき・よしふみ)アナウンス専任部長 男性 [編集 ]• (でやま・ともき) CA• (ひじかた・ひろし)CA• (まつお・つよし) CA• (むらかみ・しんご)CA• (えんどう・あきら) CA• (さとう・ひろゆき) CA• (そね・まさる)CA• (あさい・りょうま)• (みひら・やすたけ)• (うるしばら・ひかる)• (なんば・まさとし) 女性 [編集 ]• (すぎうら・けいこ)EA• (とよしま・みき) 岡山放送局放送部 [編集 ]• (とくなが・けいいち)副部長• (きたむら・きいちろう)• 永松隆太朗(ながまつ・りゅうたろう)• (もちづき・けいた)• 矢崎智之(やざき・ともゆき)• (ひめの・みなみ) 松江放送局放送部 [編集 ]• (ふくだ・みつお)副部長• (さい・やすたか)CA• (なかはら・しんご)• (さわだ・たくみ)• 長谷川史佳(はせがわ・ふみよし)• 藤原陸遊(ふじわら・りくゆう) 鳥取放送局放送部 [編集 ]• (こんどう・たいろう)副部長• (はらだ・ひろかず)CA• (これなが・ちさと)• (とりやま・けいすけ)• 齋藤舜介(さいとう・しゅんすけ)• 加藤向陽(かとう・こうよう) 山口放送局放送部 [編集 ]• (おぎやま・きょうへい)副部長• (きたの・たかひろ)• 松岡孝行(まつおか・たかゆき)• (ひらさき・たかあき)• 大村和輝(おおむら・かずき)• 島田莉生(しまだ・りお)男性 松山放送局放送部 [編集 ] 統括責任者 [編集 ]• (いとう・げんた)アナウンス専任部長 男性 [編集 ]• (せと・ひでお)CA• (おみ・なりひろ) CA• (やち・けんご) CA• (むとう・ともき)CA• (さかい・ひろし)• (なかざわ・あきら)• (ふかさわ・けんた)• (やまぐち・ひろあき)• (おの・ふみあき) 女性 [編集 ]• (しゅどう・なちこ) 高知放送局放送部 [編集 ]• (ながい・かつのり)副部長• (ながの・りょう)CA• (たかはし・あつし)• (なかみち・ようじ)• (せと・ひかる)• (よしおか・まお)• 小原和樹(おばら・かずき) 徳島放送局放送部 [編集 ]• (くりた・はやと)副部長• (おか・りゅういち)• (ささき・ともかず)• 安藤佳祐(あんどう・けいすけ)• 増村聡太(ますむら・そうた)• (みやざき・あずさ)• 坂本聡(さかもと・そう) 高松放送局放送部 [編集 ]• (せきぐち・たいが)副部長• 伊丹新(いたみ・しん)CA• (たにぐち・しんいちろう)• (おおこうち・じゅん)• (ごみ・てつた)• 森下桂人(もりした・けいと)• 塩﨑実央(しおざき・みお) 九州・沖縄 [編集 ] 福岡放送局放送部 [編集 ] 統括責任者 [編集 ]• (やました・きよたか)アナウンス専任部長 男性 [編集 ]• (たなか・ひでき)CA• (いな・まさたか)CA• (はやせ・ゆういち)• (いわもと・りょうすけ)• (いはら・とものり)• (なかやま・ようすけ)• (とべ・しんすけ)• (にしかわ・じゅんいち)• (ふじさわ・よしたか)• (うおずみ・ゆう)• (もりた・てつおき) 女性 [編集 ]• (にわき・さくらこ) 北九州放送局放送部 [編集 ]• (すずき・あきひこ)CA• (ひろせ・ゆうた)• 藤重博貴(ふじしげ・ひろき) 熊本放送局放送部 [編集 ]• (いけだ・たつろう)副部長• (うえの・はやと)• (いなつか・きいち)• 法性亮太(ほっしょう・りょうた)• 米澤太郎(よねざわ・たろう)• 佐藤茉那(さとう・まな) 長崎放送局放送部 [編集 ]• 高山真樹(たかやま・まさき)副部長• (くろうじ・やすひろ)CA• (せきね・たろう)• (きはな・まきお)• 片平和宏(かたひら・かずひろ)• 武田健太(たけだ・けんた)• 嶋田ココ(しまだ・ここ) 鹿児島放送局放送部 [編集 ]• (ありた・まさあき)副部長• 内美登志(うち・みとし)CA• (しばさき・ゆきお)• 都倉悠太(とくら・ゆうた)• 菊田一樹(きくた・かずき)• (みやもと・まち) 宮崎放送局放送部 [編集 ]• (こが・はじめ)副部長• (おかの・あかつき)CA• (なめかわ・かずお)CA• (なかざわ・けいご)• (まつい・だい)• 神谷一鷹(かみや・かずたか)• (どうじょう・みり) 大分放送局放送部 [編集 ]• (よこい・けんきち)副部長• (とみた・のりやす)CA• (てらざわ・としゆき)CA• 佐竹祐人(さたけ・ゆうと)• (ほるこむじゃっく・かずま)• (いいお・かほ) 佐賀放送局放送部 [編集 ]• (なかむら・やすひと)副部長• (いはら・ようすけ)• (こばやし・まさずみ)• (たけの・だいき)• 保田一成(やすだ・かずなり) 沖縄放送局放送部 [編集 ]• (ほそだ・ふみお)副部長• (つちはし・もとき)CA• (ほりこし・まさのぶ)• (くろずみ・しゅん)• (いけま・まさと)• (たつた・まさし)• 荒木さくら(あらき・さくら)• (てらうち・こうだい) NHK放送研修センター・日本語センター所属者 [編集 ] 専属パーソナリティーについてはおよびを参照• 嘱託(あくと・きみお) - 『』リポーター• (あさの・みつなり)• (あらい・ただし)『』ディレクター兼リポーター• (あらい・のぶひろ) - 『』ディレクター• (あらき・みわ) - 『』リポーター• (うらた・のりあき) - 『』チーフプロデューサー• (えざき・しえ) - 『』ディレクター• (おおき・こうじ)• (おおの・かつろう) - 『』 プロデューサー『』ディレクター• (かなざわ・としお)• (くろさき・めぐみ)• (こんどう・ふじお)• (さくま・ともき) - 『』ディレクター 『』ディレクター• (しばた・ひらく) - 『』リポーター兼ディレクター• (そだ・たかし) - 『』ディレクター• (だて・まさたか)• (たなか・ひろゆき)-『』リポーター• (ちの・ひでかず) -『』リポーター、『』ディレクター• 辻智太郎(つじ・ともたろう) - 『』ディレクター• 嘱託(ふくい・しげる)• (ふじい・まどか) -『』リポーター 『』リポーター兼ディレクター• 松村志高(まつむら・しこう) -『』リポーター• (みやじま・だいすけ) -『』リポーター『』ディレクター• (みやもと・あいこ) - 『』制作担当• 宮本克美(みやもと・かつみ)- 『』リポーター• (やまぐち・たつや)• 山田亜樹(やまだ・あき) - 『』ディレクター• (ゆうき・さとみ) - 『』朗読担当、ディレクター 『』ディレクター• (よしおか・だいすけ) - 『』リポーター• (わだ・さとる) 他部署に異動した元アナウンサー [編集 ] 所属者については「」を参照• 相川直人(あいかわ・なおと)(NHKスポーツ・サッカー担当ディレクター)• (あべ・ようこ)(局長)• (いとう・としえ)(人事局)• (もりもと・たけしげ)(秘書室)• 緒方宏一郎(おがた・こういちろう)(経理局)• 緒方啓三(おがた・けいぞう)(営業局)• (おおくら・てつし)(総務局)• (おおで・たけし)(デジタル室)• 大澤祐治(おおさわ・ゆうじ)(国際放送局ディレクター)()インタビュー担当• (おばら・しげる)(制作局)• 金子拓(かねこ・たく)(放送部編成専任部長)• (きし・しんじ)(放送部長)• (きしもと・たまえ)(リスク管理室)• (くぼた・つとむ)(NHKサービスセンター 札幌支局)• (こだま・たかし)(広報局)• 佐伯真規(さえき・まさのり)(大阪支局長)• (さかもと・ともひこ)(編成局展開戦略推進部チーフ・プロデューサー)• (しんばし・やすのり)(内部監査室監査部専任部長)• 高谷智泰(たかたに・ともやす)(副局長)• (たしろ・きょうこ)(国際放送局)• (つぼくら・よしひこ)(副局長)• (どうでん・あいこ)(解説委員ワールドチーフプロデューサー)• (とみなが・さだひこ)(編成局)• (はたけやま・だいし)(編成業務)• (はねづか・とおる)(局長)• (ほりえ・さゆみ) 編成局ソフト開発センターチーフプロデューサー)• (もとざわ・いちろう)(報道局)• (もりした・かずや)(事業センター)• 男性 [編集 ] あ行• 男性 [編集 ]• (おおつか・のりかず。 (おのづか・やすゆき、1980年入局 - 2019年3月)• (かさい・せいじ)• (かわむら・たろう、2002年入局 - 2018年7月) - 所属。 (さとう・まこと。 1971年入局。 大阪) - 2007年度で嘱託契約は終わったが、担当番組はそのまま。 放送はNHK専属。 (さとう・りゅうすけ、1958年入局)• (しまむら・としはる、1964年入局)• (てらたに・いちき、1987年入局)• 寺内夏樹(てらうち・なつき)• (とさか・じゅんいち、1997年入局)• (なかくら・りゅうどう。 2002年 - 2015年3月)• (なかむら・かつひろ、1974年入局)• (のじ・しゅんじ、1985年入局)• (のせ・まさお、1976年入局)• (はまなか・ひろひさ、1977年入局)• (ほり・じゅん。 2001年入局 - 2013年)• (ほりお・まさあき。 1981年4月入局 - 2008年3月)• (まつだいら・さだとも、1969年入局)• (みずの・さだひこ、1964年入局)• (みやかわ・やすお、1968年入局)• (みやもと・りゅうじ、1973年入局)• (むらかみ・のぶお、1977年入局)• (わかつき・こういちろう、2002年4月入局 - 2017年9月) - フットメディア所属。 サッカー実況を中心に活動。 女性 [編集 ]• (あめみや・もえか、2011年入局)• (うだがわ・きよえ、1957年入局)• (うどう・ゆみこ、1991年入局)• (かがみ・さちこ、1963年入局)• (くぼ・じゅんこ、結婚・育児のため一時退職後、嘱託契約として2年勤務。 その後フリー)• (すま・かつえ、1972年入局)• (すみよし・みき、1996年入局) - フリーアナウンサー、ラジオ番組パーソナリティ。 (なかむら・あい、2005年入局) - 井澤愛名義でフリーアナウンサーとして活動。 (やまね・もとよ、1971年入局) - 元アナウンス室長(2005年6月 - 2007年6月)。 元NHKエグゼクティブアナウンサー(理事待遇)、元東京大学客員准教授。 現在 [ いつ? ]は「ことばの杜」共同発起人。 (かんだ・あいか、2003年入局) - フリーアナウンサー。 (こまさ・ゆかこ:2009年入局) - 疫学研究者、ニュースキャスター。 (ないとう・ゆうこ : 1999年入局)• (ひろせ・しゅうこ、1968年入局)- 跡見学園女子大学教授、「ことばの杜」共同発起人。 (ひろせ・くみこ、1963年入局)• (むろまち・すみこ、1969年入局)- 元NHKエグゼクティブアナウンサー。 (かみやすひら・きよこ、1971年入局) - 元NHKグローバルメディアサービス企画事業部担当部長・公害等調整委員会委員、食品安全委員会委員• (こみやま・ようこ、1972年入局) - 参議院議員、衆議院議員(4期)、厚生労働大臣(3回)、少子化対策担当大臣(2回) その他の退局したアナウンサー [編集 ] 男性 [編集 ] あ行• (1957年 - 1991年)• (1980年入局)• 青木裕次(1934年入局)• (1939年入局)• 明石弘(1946年入局)• 赤山政治(1937年入局)• 秋本竹次郎(1937年入局)• (1971年入局)• 朝倉保(入局年不詳)• 浅沼博(1934年入局)• 阿世地幸男(1972年入局)• 我孫子亨(1945年入局)• 阿部二郎(1939年入局)• (1955年入局)• 荒木寿彦(1930年入局)• 安斉義美(1936年入局)• (1954年入局)• 飯田次男(1936年入局)• 飯塚浩之(1961年入局)• (2005年入局)• (1951年入局)• 石井武志(1936年入局)• 1994年入局• 石井登志雄(1934年入局)• 石井光男(入局年不詳)• (1978年入局)• (1993年入局)• (1983年入局)• (1976年入局)• (いしだ・たけし:1948年入局)• 石塚彰一(1971年入局)• 井筒屋勝己(1981年入局)• (1961年入局)• (1961年4月 - 1997年)• (1980年入局)• 磯浦康二(1957年入局)• 板倉卓人(いたくら・たくと:1971年入局)退職した 現在 [ いつ? ]も嘱託アナウンサーとして松山放送局に勤務している• 市川路吟(1925年入局)• 伊藤征一(いとう・せいいち:1968年入局)• 伊藤治窮(1936年入局)• 伊藤航(2005年入局)• 生熊雅夫(1970年入局)• 稲田稔(1929年入局)• (1931年入局)• 岩岡荘侑(1957年入局)• 岩成重雄(1937年入局)• 今井久(1971年入局)• 今尾安五郎(1932年入局)• (1938年入局)• 井村正誠(入局年不詳)• 岩崎剛(1932年入局)• (1997年入局)• 上田正(1936年入局)• 上山英治(入局年不詳)• (1978年入局)• (1986年 - 2016年)• (1926年入局)• 宇田道夫(1931年入局)• 宇津木啓太郎(1938年入局)• (うぶかた・けいいち:1956年入局)• 生方孝一(1932年入局)• 海野春樹(1939年入局)• (1928年入局)• 及川伊之助(1930年入局)• 及川源次郎(1931年入局)• 大川茂(1932年入局)• 大木貞一(1934年入局)• (1980年入局)• (1936年入局)• 大塚博(1957年入局)• 大竹正(1936年入局)• 大平伊太郎(1932年入局)• (1949年後期入局)• 大西義雄(1937年入局)• 大野臻太郎(1939年入局)• 大羽仙外(1925年入局)• 大堀貞雄(1929年入局)• 岡崎英一(旧姓、内田。 1937年入局)• 岡崎真三(1925年入局)• 岡本正一(1936年入局)• 小笠原博雄(1939年入局)• (おかだ・みのる:1944年入局)• (1974年入局)• (1981年入局)• 岡野憲太郎(1933年入局)• 岡部桂一(1931年入局)• 岡本正一(1936年入局)• (1936年入局)• 奥津憲仁• 奥山憲三(1931年入局)• 小此木通孝(1931年入局)• 小沢猛(1932年入局)• (1999年入局)• 小谷傳(おだに・でん:1960年入局)• 沖野皓一(おきの・こういち:1959年入局)• (1973年入局)• 御宿正統(入局年不詳) か行• 貝山晋(1932年入局)• 賀川安邦(入局年不詳)• (1978年入局)• (1973年入局)退職した 現在 [ いつ? ]も松山放送局に勤務している• (1967年入局)• (1929年入局)• 笠間守彦(1936年入局)• 加瀬次男(1960年入局)• 片根信行(1934年入局)• 加藤謙介(1992年入局)• 加藤不二太郎(1938年入局)• 加藤幸男(1939年入局)• 要幸男(入局年不詳)• 金子喜三郎(1934年入局)• 金子正造(1936年入局)• 金谷熈(1933年入局)• 金谷良信(1937年入局)• (1952年前期入局)• (1931年入局)• (1972年入局)• 神川柳太郎(1929年入局)• 狩野真一(1925年入局)• 2020年5月1日より立飛ホールディングス執行役員スポーツプロデューサー 1983年入局• 川井巌(1931年入局)• 川口正八(1960年入局)• 川口正• 川崎正三郎(1939年入局)• 川崎正之(1927年入局)• 川崎忠男(1929年入局)• 川添照夫(1937年入局)• 川名正一(1936年入局)• (1975年入局)• 河原武雄(1939年入局)• 河村清太郎(1929年入局)• 川村正之(1927年入局)• 喜久川鼎(1929年入局)• 北山秀年(1930年入局)• (1947年入局)• 木津川辰雄(1940年入局)• 橘内英次(旧姓、石母田。 1928年入局)• (1970年入局)• (1971年入局)退職した 現在 [ いつ? ]も広島放送局に勤務している• 京田武男(1925年入局)• 桐野音次郎(1925年入局)• 櫛引清(1945年入局)• 國井勝彦(1932年入局)• (1973年入局)• 久保田公平(旧姓、松井。 1933年入局)• 久保田宗孝(1966年入局)• 熊谷幸博(1938年入局)• 熊崎真吉(1925年入局)• 熊野五郎(1934年入局)• 栗村盛孝(1934年入局)• 小池勇• 小池隆俊(1980年入局)• (1948年入局)• 向後雅博• 小島九十三(1937年入局)• 小島久(1957年入局)• 小谷伝(1960年入局)• 小高正嗣(1965年入局)• (1931年入局)• 小幡泰正(1946年入局)• 小浜稔(1939年入局)• 小堀信夫(1961年入局)• 小林昭彦(1957年入局)• (1938年入局)• 小林茂雄(1934年入局)• 小林大介(1972年入局)• 小林利光(1939年入局)• (1957年入局)• (入局年不詳)• 小森幸正(1925年入局)• (1976年入局• 権谷健(1933年入局) さ行• (1997年入局)• (2006年入局)• 斎藤哲(1979年入局)• (1974年入局)• 斎藤芳郎(1932年入局)• (1950年 - 1982年)• 榊原弘(1937年入局)• 坂口英一郎(1937年入局)• 坂田正巳(1977年入局)• 坂本武雄(1925年入局)• (1956年入局)• 崎山優(1969年入局)• 佐久間節夫(1929年入局)• 佐々木端• 笹本晴茂(1972年入局)• 佐竹修身(1966年入局)• (1973年入局)• (1957年入局)• 佐藤光照(1926年入局)• 佐藤敏彦 (1966年入局)• 佐藤寅彦(1997年入局)• 佐藤直樹(1984年入局)• 早苗俊治(1957年入局)• 1977年入局• 椎谷健(1933年入局)• (1981年入局)• 柴田融(1931年入局)• 渋谷光三(1946年入局)• (1975年入局)• 島浦精二(1931年入局)• 島崎直正(1937年入局)• (1977年入局)• 島野俊男(1937年入局)• 嶋村由紀夫(1976年入局)• (1953年後期入局)• (1936年入局)• 下山博通(1939年入局)• 庄司寿完(1931年入局)• 白井滋之(1936年入局)• 白井英之(1936年入局)• (2001年入局)• (2012年入局)( 現在 [ いつ? ]所属)• 鈴木英吉(1932年入局)• 鈴木千佳夫(1957年入局)• (1928年入局)• 杉崎健次郎(1937年入局)• 杉本亀一(1931年入局)• 杉林昇(1974年入局)• (1953年入局)• 隅田格(旧姓、榊原。 1936年入局)• 退職した 現在 [ いつ? ]も大阪放送局に勤務している• (1975年入局)退職した 現在 [ いつ? ]も広島放送局に勤務している• (1964年入局)• 関野武(1962年入局)• 瀬戸義久(1931年入局)• 善田英夫(1937年入局)• (1969年入局)退職した 現在 [ いつ? ]も仙台放送局に勤務している た行• (1999年入局)• 高嶋修平(1932年入局)• 高谷宗之助(1929年入局)• 高月福太郎(1932年入局)• (1933年入局)• (1942年入局 正職員退職後、1年間だけ嘱託として勤務後フリーへ転向)• 高橋光太郎(1932年入局)• 高橋左太郎(1933年入局)• 高山典久(1963年入局)• (1991年入局)• 伊達徳雄(1935年入局)• 竹内啓祐(1938年入局)• (1934年入局)• (1970年入局)• 田島輝雄(1938年入局)• 立川福蔵(1934年入局)• 立子山博恒• 田中清芽(1932年入局)• 田中学 1990年入局• 但木顕禎(1938年入局)• 伊達徳雄(1935年入局)• (1966年入局)• 館野守男(1938年入局)日米開戦を知らせる臨時ニュースを担当• 田中清芽(1932年入局)• 田中元秀(1934年入局)• (1937年入局)• (1957年入局)• 千葉俊象(1934年入局)• 長笠原栄風(1933年入局)• 津島定一(1928年入局)• 辻本栄(1926年入局)• 津田貫太郎(入局年不詳)• 津田聰一朗(1998年入局)• 津田誠(1938年入局)• (1972年入局)• 寺内久平(1939年入局)• 所浩英 1992年入局• 友安義高(1930年入局)• (1951年入局) な行• (1966年入局)• 中川次郎(1934年入局)• (1979年入局)• 中川洋一(1963年入局)• 長岡彰(1957年入局)• 長倉男士(1932年入局)• 中島和三(1951年入局)• 永瀬健次郎(1938年入局)• 長田洋治• 永原芳雄(1931年入局)• 中村重尚(1932年入局)• 中村茂(1925年入局)• 中村精(1939年入局)• 中村彦二(1932年入局)• (1998年入局)• (1963年入局)• 退職した 現在 [ いつ? ]も大阪放送局に勤務中• (1957年入局)• (1974年入局)• (1963年入局)• 成毛勉(1938年入局)• 荷方賢治 1992年入局• 西内正丸(1937年入局)• (1954年入局)• (1979年入局)• 現・経済評論家)• (1970年入局)• 丹羽益根(1933年入局)• 丹羽卓郎(1929年入局)• 根岸忠夫(1936年入局)• 野方正俊(1979年入局)• 野口芳太郎(1932年入局)• 野島正興• 野瀬四郎 (1942年入局)• 野溝浩(1945年入局) は行• 波木井醇(1936年入局)• (1954年入局 1989年に正職員退職後も嘱託職員として4年勤務。 のちフリー、スポーツジャーナリスト)• (1966年入局)• 長谷川肇(1951年入局)• (1945年入局 のちフリージャーナリスト)• 初見弘(1950年入局)• (2012年入局)• (1934年入局)• (1978年入局)• 原二郎(1932年入局)• 原岡一郎(1934年入局)• 退職した 現在 [ いつ? ]も福岡放送局に勤務している• (1951年入局 のちに局契約)• 福岡幸成(1936年入局)• (1949年後期入局)• 藤井重雄(1938年入局)• 藤井史郎(1932年入局)• (1940年入局)• (1970年入局)• 藤原弘雄(1957年入局)• 船越章(1934年入局)• (1982年入局)• (1970年入局)退職した 現在 [ いつ? ]も金沢放送局に勤務している• 古瀬堅徳• 古田正信(1939年入局)• 星静夫(1963年入局)• 星子正寿(1933年入局)• (1973年入局)• 本多睦雄(1934年入局)• 本間英太郎(1934年入局) ま行• 前田晃(1934年入局)• 牧真(1932年入局)• (1968年入局)• 益井三弘(旧姓、尾崎。 1932年入局)• 町田五郎(1932年入局)• (1971年入局)• (1925年入局)• 松隈敬三(1930年入局)• 松田雄偉(2010年入局) 現在 [ いつ? ]学校法人産業能率大学企画広報部• (1926年入局)• 松野善弘(1938年入局)• 松原通夫(旧姓、横沢。 1937年入局)• (1991年入局)• 摩尼清之(1933年入局)• 三浦巌(1929年入局)• 三浦重雄(1925年入局)• (1974年入局• 満尾巧(1972年入局)• 南邦治(1964年入局)• 宮岡修(入局年不詳)• 宮川三雄(1932年入局)• (1970年入局)• 宮田喜久夫(1933年入局)• (1942年入局)• 宮本敬之助(1939年入局)• 宮本聖二 1981年入局• 村崎敦夫(1933年入局)• (1972年入局)• 村瀬宣行(1932年入局)• 村田正雄(1937年入局)• 村山武雄(1932年入局)• 米良忠麿(1931年入局)• 茂澤虎彦(2015年入局)• 元橋俊彦(1937年入局)• 森芳郎(1936年入局)• (1939年入局)• 森本信一(1929年入局)• 守屋素衛(1938年入局) や行• 八木恒徳(1937年入局)• 矢野圭介(1930年入局)• 矢野俊明(1930年入局)• (1956年入局)• 山極裕(1975年入局)• 山口清(1932年入局)• 山口政保(1934年入局)• 山口秀夫(1957年入局)• 山崎良夫(1932年入局)• 山下稔哉(1994年入局)• (1981年入局)• 山田匡一(1957年入局)• (1963年入局)• 山田豊• 山村恒雄(1934年入局)• (1977年入局)• 山本恒雄(1937年入局)• (1932年入局)• (1976年入局)• 湯本修治(1931年入局)• 吉田晴一郎(旧名、吉田春一郎。 1936年入局)• (1989年入局)• (1937年入局)• 米沢喜兵衛(1932年入局) ら行 わ行• 若菜三雄(1938年入局)• 鷲尾正次(1925年入局)• (1972年入局)• (1987年入局)• 渡辺幹雄(1975年入局)• (2006年入局)• (1934年入局)• (1997年入局) 女性 [編集 ] あ行• 相沢泰子(1944年入局)• (1995年入局)• 赤沼つや(1939年入局)• 渥美美惠子(1973年入局)• 天野綾子(1942年入局)• 荒牧富美江(1944年入局)• (1991年入局)• 石坂幸子(1944年入局)• 磯部和(1944年入局)• (1992年入局)• 大坪静江(1931年入局)• 大友祥子(旧姓・内藤、1957年入局)• (2010年入局)• 大橋富美子(旧姓・上野、入局年不詳)• 大牧靖子(1944年入局)• 大村郁子(1926年入局)• 大山ツヤ子(1944年入局)• 岡志津子(1944年入局)• 小笠原綾子(旧姓・加藤、1926年入局)• 岡本ふみ子(入局年不詳)• 岡村照子(1925年入局)• 乙葉多喜子(1926年入局)• 小山幸子(1944年入局) か行• 粕谷晴子(1926年入局)• 川上龍枝(1925年入局。 旧名・ 巽 京子〈たつみ きょうこ〉)• 川西佐知子(1937年入局)• 河野アイ(1944年入局)• 北代玲子(旧姓・真田、1957年入局)• (1944年入局)• 黒田恵美子(1944年入局)• 古藤田京子(1976年入局)• (1953年入局)• 小西重子(1944年入局)• (こみやま・ようこ:1972年入局)• 小柳敏子(1944年入局)• 小山滋子(旧姓、神崎。 1962年入局)• (1944年入局) さ行• 佐治与史子(1944年入局)• (1980年入局)• 佐藤一枝• (1997年入局)• (1959年二次入局 - 1968年)• 杉原宏子(1944年入局)• 鈴木きよ(1929年入局) た行• (1992年入局)• 武井照子(1944年入局)• 武内千端子(旧姓、山下。 1962年入局)• 武田千鶴子(1944年入局)• 立石奈々(1944年入局)• (2010年入局) な行• (ながい・たえこ:1960年入局)• 永尾都美(入局年不詳)• 錦島法子(1944年入局)• 西村道子(1944年入局)• 西本美代子(1944年入局)• 二宮久子(1944年入局)• (のぎわ・ようこ:1958年入局) は行• 長谷川美智子(1944年入局)• (1984年入局 のちにテレビ朝日局契約)• (1944年入局)• (1990年入局)• (1946年入局) ま行• 松崎千代子(1927年入局)• 松沢知恵(1932年入局)• 三沢はま(1944年入局)• (旧姓・荻野、1925年入局)• 三原登美(旧姓・河村、1928年入局)• 村岡秀子(入局年不詳)• 森田憲子(旧姓・櫟本、1957年入局) や行• 山上みち子(1944年入局)• 山下晶子(1944年入局)• (2005年入局) ら行 わ行• 和田實枝子(1939年入局) 脚注 [編集 ] 注釈 [編集 ]• 配属直前には『』(2015年まで)か『』(2016年より)若しくは『』にてその年に入局した新人アナウンサーが紹介されることが慣例となっている。 また入局1年目時に必ず1度はラジオ・テレビで定時ニュースを担当する。 男性の場合はキャリアアップを目指すためか、多くの地方・拠点放送局での勤務を経験する反面、女性は2局目で多くのアナウンサーが拠点局へ、3局目で東京へと転勤するケースが多い。 これについては異論も多いが、その反面、女性管理職は全職員の中でも5%ほどと非常に少ない。 [ 独自研究? 後にアナウンス課長、放送部長、取材部長、専務理事放送総局長、社長。 大相撲中継で活躍。 現在 [ いつ? ]も大相撲中継の字幕放送キャスターを務める。 現在 [ いつ? ]、株式会社Anew副社長を務める。 定年後も盛岡放送局で勤務していたが、2019年7月31日で退職し 現在 [ いつ? ]は岩手県議会議員。 現在 [ いつ? ]、国立生育医療研究センター「もみじの家」のハウスマネージャー。 現在 [ いつ? ]は「Kaien」代表取締役。 大相撲中継で活躍。 退職後も大相撲中継に関わり、 現在 [ いつ? ]も相撲記者クラブ会友として活動。 退職後、2009年に没するまで、として活動。 現在 [ いつ? 退職後、の契約キャスターを経て、作家として活動。 一旦退局後副会長として復帰するも会長のとともに退任。 退職後、2017年に没するまでとして活動。 元参議院議員、現:作新学院副理事長。 8-1967. 6-2000. 6-2005. 6-2007. 6-2008. 6-2010. 6-2013. 14-2015. 12-2017. 9-2018.

次の

押尾駿吾とは

おしおしゅんご

和歌山局の夕方のニュース番組『ギュギュっと和歌山』の メインキャスターに就任しました。 新コーナー「駿吾がおじゃまします」は 押尾アナ自ら「ビビット」来た和歌山県内の市町村を訪問し、 生中継で魅力を伝えています。 一体どんな人物なのか。 プロフィールから見ていきましょう。 NHKアナウンサー押尾駿吾のプロフィール• 名前:押尾駿吾 おしお・しゅんご• 所属局:和歌山放送局• 入局:平成28年• 出身地(生育地):千葉県• 誕生日:• 好きな食べ物:和菓子• 趣味:野球、野球観戦、美術館巡り、旅行• 特技:整理整頓• 心身リフレッシュ術:熱いお風呂に浸かる。 温泉巡り。 モットー:歩け。 続けることの大切さ。 経歴:鹿児島放送局を経て和歌山放送局へ。 現在の担当番組:『ギュギュっと和歌山』メインキャスター 平日・午後6時30分 身長は? 身長については公表されていませんでした。 推測してみましょう。 迫田さんは、171センチですから、 170センチ台前半と推測できます。 結婚している? 結婚しているかどうかなどプライベートに関する 公式の情報はありませんでした。 ネット上にも詳細を見つけることができませんでした。 大学は? 学歴に関する公式な情報はありませんでしたが、 押尾駿吾アナウンサーと 同姓同名で、卒業年も一致する修士論文を見つけました。 『日本における外国人児童・生徒の不就学問題に関する研究. ~自治体調査を通じて~』というテーマで書かれています。 これが押尾アナのものだとすると、 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 国際協力学専攻が 最終学歴のようです。 もしアナウンサーになっていなかったら 外交官になっていたかもしれないと公式プロフィールでも 明かしていますから、可能性は高いと思います。 性格やアナウンサーとしての評判は? 初任地・鹿児島での生活は、2年9ヶ月。 新人として来て右も左も分からず、 最初は不安に思う日もあったそうですがが 心の支えとなったのが、 温かく見守ってくれる鹿児島の視聴者の存在だったそうです。 「押尾くん、いつも見てるよ!」 と 街中で声をかけてくれる人も段々と多くなり、 力をもらっていたとブログで語っています。 取材先でもたくさんの出会いがあったようです。 3年弱の間で、離島を含め、たくさんの場所を訪れ、 行く先々で一つのことに打ち込む人たちの姿に触れた押尾アナ。 「経験を語り継ぎたい。 」「自然、伝統を守りたい。 」 「人や街を活気づけたい。 」「苦しんでいる人を助けたい。 新人として多くのことを学んだことでしょう。 そして、地元の人たちにも 可愛がられるアナウンサーであったようです。 Twitterの声を見てみましょう。 新人ならではの失敗もあったようですが、 成長を見守る声が多数でした。 和歌山放送局に赴任した押尾アナを 和歌山の人たちも歓迎しています。 これからも多くのことを吸収して 早く全国放送でその勇姿を見てみたいですね。 今後の活躍に期待しましょう!.

次の

NHKのアナウンサー一覧とは

おしおしゅんご

人物 [ ] 、入局。 学生時代にへ留学した経験をもつ。 になっていなかったらなりたかったのは。 前任地では、大河ドラマ「」で役で出演した俳優のや、役の()に取材したほか、現在勤めるでは、大河ドラマ「」で役を演じたに取材した経験をもつ。 度より、でメインキャスターを務めている。 なお、前任地では、離島をはじめとするリポーターや、イベントでの司会が多く、メインキャスターを務めるのは初めて。 なお、同番組内の「駿吾がおじゃまします」のコーナーでは、のや、を訪れている。 趣味は、野球観戦、旅行、一眼レフカメラ。 現在の出演番組 [ ]• (メインキャスター)• (不定期) 過去の出演番組 [ ] 鹿児島放送局時代• (新人お披露目)• (のキャスター代行)• (のキャスター代行) 同期のアナウンサー [ ]• (盛岡)•

次の