なかのたいが 虫コナーズ。 「虫コナーズ」って・・・効き目ありましたか?

家の中の虫はこいつかも?あまり知られていない室内の害虫10選

なかのたいが 虫コナーズ

夜になると、虫たちは灯りを求めて寄ってきます。 昼間はあまり見ることのない大きめの蛾も灯りを求めて次から次へと集まりだします。 虫嫌いな人にとって見たら最強の敵ともいえる大きな蛾も、夜の照明を少し工夫をするだけで回避することができます。 虫の少ないキャンプ場を選ぶ! キャンプ場もいろいろな場所がありますが、虫を極力避けるためには虫が少ないキャンプ場を選ぶことをオススメします。 虫が多い場所は、木や草がたくさん生い茂った林や陽のあたらない日陰となっている場所、さらに水たまりや水場、湿気の多い草むらは虫が多くいるので避けた方がいいでしょう。 逆に広く開けて陽の当たる、芝生の短い場所は虫が寄りつきにくいので、そういったキャンプ場を選ぶことがポイントです。 キャンプに行く時期 出典: 季節によっても虫の多い少ないは大きく変わってきます。 夏の暑い時より冬の寒い時期の方が虫は少ないですが、かといって寒さに震えながらのキャンプも少し気がひけますよね。 心地よくキャンプを楽しむためには ゴールデンウィーク前の春先や10月下旬から11月上旬の秋頃がもっともオススメの時期です。 6月から10月上旬は虫が嫌いな人には1番さけておきたい時期です。 6月から9月は蚊やブヨ、7月から10月は大きめの蛾がたくさんよってくる時期なのでこの時期だけはさけた方がよさそうです。 虫が寄りつきにくい工夫を! 虫が寄りつきにくい場所や時期を選んでも完全に虫がいないというわけではありません。 灯りの他にも匂いや体温が高い赤ちゃんやアルコールを飲んだ方にはどうしてもよってきてしまうものです。 虫を寄せ付けないためにも食事で出たゴミはすぐ片付ける事や夜の灯りの工夫、虫除け対策も大切です。

次の

虫コナーズCMは勝った&パスワード無防備!長澤まさみと仲野太賀の姉妹の関西弁物語!?キンチョーの吊るだけ簡単虫よけ!

なかのたいが 虫コナーズ

名前:仲野太賀 なかのたいが) 本名:中野太賀 旧芸名:太賀 生年月日:1993年2月7日 出身地:東京都 身長:168㎝ 血液型:A型 趣味:カメラ 所属事務所:スターダストプロモーション 仲野太賀さんの父親は俳優の「 中野英雄 なかのひでお 」さんで、太賀さんは次男、長男の兄は俳優の中野 武尊(なかの たける さんという、芸能一家です。 高校は確実な情報ではありませんが、「日出高校芸能コース」に通っていたという情報を見かけました。 現在は「目黒日本大学付属高等学校」という名前になっています。 日出高校の芸能コースは有名芸能人やジャニーズアイドルの卒業生が多い高校としても有名です。 仲野太賀さんの高校の同級生には、俳優の「染谷将太さんがいて、現在でも交友関係が続いています。 染谷 将太(そめたに しょうた)トイズファクトリー所属。 東京都出身。 身長172cm。 体重54kg。 日出高等学校卒業。 妻は菊地 凛子。 高校卒業後は俳優業に専念するため、大学には進学されていません。 経歴 2006年、13歳の時に「太賀 たいが 」という名で俳優デビュー。 2007年3月公開の映画「バッテリー」にて映画デビューを果たします。 その後、テレビドラマや映画、CM等の様々な作品に出演し、2016年にはテレビドラマ 「ゆとりですがなにか」に出演し、話題となりました。 宮藤官九郎脚本ドラマ「ゆとりですがなにか」のスピンオフですが、これだけ観ても十分楽しめます。 主役は本編で抜群の存在感を示したゆとりモンスター山岸。 」等の話題作にも次々と出演されインパクトのある演技に注目が集まりました。 【特報】 「今日から俺は!! 虫コナーズCMの口コミ評判は? 虫コナーズのCM、昔から結構好き。 新しいの初めて見たけど、これもまたいい感じ。 でも、買ったことはない。 — nobu. 長澤まさみの関西弁がジワジワくるし、脚本が面白い。

次の

100円均一×虫コナーズカバーのまとめページ

なかのたいが 虫コナーズ

夏場で何がイヤかっていうと、暑さよりも、寝苦しさよりも、紫外線よりも、虫。 とにかく虫が大の苦手で、特に夜にコンビニなどに行こうと玄関を開けたとき、蛾だとか蚊などの害虫はもちろんですが、大きなトンボだとかがいても、もう出かける気が失せるほど虫が苦手です。 家の中には、キンチョールをはじめとして、ゴキブリ用、蚊用、アリ用、ハチ用、クモ用と、メジャーどころのありとあらゆる殺虫剤を常備してないと気が気でない夏の夜ですよ。 この「マイ殺虫剤ボックス」の中に多種多様な殺虫剤が常備されていてこそ、今日も安心して寝られるってわけです。 でも、そこまで虫が嫌いという人でなくても絶対におすすめなのが、この「虫こないアース」の玄関灯・外壁用のスプレーなのです。 ブルーの網戸用と、イエローの外壁用の2タイプがありますが、おすすめなのはイエロー缶の玄関灯・外壁用のタイプ。 このスプレーは、殺虫剤としても使えますが、メインの用途としては、害虫を寄せ付けないようにするためのもの。 つまり、防虫剤です。 でも、ベランダや玄関ドアにぶらさげて使う吊り下げタイプの防虫剤や、ゲル状の芳香剤のようなものを置いておく据え置きタイプの防虫剤などもありますが、正直あまり効果があるように思いませんでした。 じっさい、2015年の2月には、消費者庁が「表示に根拠がない」として、空間用虫よけ剤を販売している4社に措置命令を出しています。 おまけに、周りに自然が色濃く残っているようなエリアだと、そうした防虫剤を使ったとしても、虫が逃げ入る隙があまりに大きく、ほとんど役目を果たしてくれないからではないかと思っています。 で、ホームセンターで見つけたこの「虫来ないアース」なのですが、昨年から使っていて、その効果があまりにも強力なので、今年もガンガン使っています。 使い方は簡単で、玄関の壁や、虫が集まりやすい玄関灯にシューっとスプレーをしておくだけ。 いわば、殺虫コーティングしておくって感じです。 そうすると、翌朝になってみると、ものすごい数の極小虫が床一面に死んでいるのです。 これ、写真だと分かりにくいのですが、黒いツブツブみたいなのは、全部虫です。 ブヨみたいな小さくて軽い虫が大量に死んでます。 蛍光灯のシーリングライトの中に入っているような、小さな虫です。 あいにく風のない日だったので、玄関の前で死んだままになっていますが、少し風が吹けば全部飛び去ってしまうような軽量の虫がメインに死んでいますので、特に掃除に困るってこともありません。 初めて使ったときには、その殺虫効果に思わずガッツポーズが出たくらいです。 これはまぁ、わたしがちょっと余分にスプレーしすぎなせいもあって、本来なら「やばい。 ここは息苦しいぞ。 逃げよう」という具合のものが、あまりに濃くスプレーされてあるために、そのまま虫の墓場になっちゃっているのだと思います(苦笑) ただ、その効果はかなりの間持続していて、スプレーした当日・翌日こそ床一面に虫の死骸がわんさかですが、だんだんと効果が薄れてきたころには、ちょうどいい防虫効果を発揮してバリアになってくれ、ほとんど虫が近づかない安全地帯を作ってくれます。 もうこのスプレーがないと夏は迎えられないというくらいに必需品になっていますので、玄関やら街灯やらで虫が集まってしまって困っている方には、超おすすめしたい逸品です。 ちなみに、網戸に使うタイプもあります。 どちらも使っていますので、用途や効能は全く同じだと思っているのですが、決定的な違いはスプレーの噴射形状なのだと思います。 玄関灯・外壁用のタイプは、高い場所に噴射する必要もあるためか、スプレーが勢いよく噴射されるのですが、網戸用のタイプは、霧吹きで噴射するようなミストタイプになっています。 これは、おそらく網戸の網への吸着力を目指したものなのだと思いますが、どちらも手放せない存在となっています。 壁に吹き付ける黄色いタイプも、網戸に吹き付ける青いタイプも、どちらも超おすすめしますので、まだ使ってみたことがないという方や、赤ちゃんなどがいるご家庭には、特におすすめですよ。 噴射すると霧状に出てきます。 ヘアスプレーみたいな感じですが、噴射圧が高いため、そのまま殺虫剤としても強力です。 あと、すんごく売れているらしく、青い缶の「あみ戸・窓ガラスに」の今年のバージョンは、シリコンも入ったみたいです。 シリコンってのは、カー用品のガラコのように、耐水性をもつワックスみたいなものなので、雨が降ってもよりはがれにくくなったというわけですね。 一方の外壁用の黄色い缶「玄関灯・外壁に」は相変わらずの強力な防虫・殺虫能力で、今年も5月から早くも大活躍。 私の持論としては、防虫より殺虫。 積極的に攻める防虫対策こそが、虫から身を守る手段だと大げさに考えております隊長。 ちなみに、クモの巣用もあり、こちらもよく使っていました。 虫こないアースシリーズとは違うのですが、とてもよく効きます。 フェンスや街路灯など、クモが頻繁に現れる場所や、すぐに巣をはられがちな個所がある場合は、こちらをスプレーしておくだけでクモが来なくなります。 めちゃよく効きますので、おすすめです。 もちろん今年も買いました。 なぜか知らないですが、とくに黄色の方が激安になっててビックリ。 5本注文してしまいましたよ。 そのまま殺虫剤としても機能してくれますので、オールシーズン役立ってくれますが、もう夏場は必携品です。 追伸4: 2015年の夏も、2016年の夏も、2017年の夏も、2018年の夏ももちろん買ってますよ。 害虫は先手先手が必勝ルール。 そもそも害虫に「うわっ、ここ住みづれー」「ぜってーこんなとこ、もう2度とこねーよ」と思わせないとダメなんですよ。 今6月ですが、もうこんなにゴッソリです。 写真だとどうしても見えにくいので、ゴッソリ撃退できている様子を動画にしてみました。 一見するとコンクリートの柄や汚れに見える黒い物体が、息をフーッと吹きかけるとさーっと移動するのが分かると思います。 これ全部、虫の死骸です。 朝になると毎日この状態なんですよね。 ちなみに写真だと小虫ばっかり映ってますが、結構なサイズのハエも死んでました・・・。 強力すぎて今年もワロタです。 ちなみに、青い方の網戸用は水っぽいタイプなので噴射の勢いはないのですが、この黄色い方の外壁用ボトルは噴射の勢いが強く、これ自体が殺虫剤の役割も果たします。 1本で壁一面くらいですので、玄関の周辺や天井・玄関扉・ベランダなど広範囲に使う場合は、3本くらい買っておくほうがいいです。 また、殺虫剤としても常用できますので、ゴキブリ以外の虫ならほとんどコレだけで事足ります。 わたしは毎年夏が近づくと5本買っておくのですが、最初の4本で家にバリアを貼り、残りの1本が攻撃用ってな感じです(苦笑) 虫が大嫌いなあなたには救世主になるはずですので、ぜひ一家に1本、いや5本ですよ!.

次の