攻 殻 機動 隊 sac2045。 MUSIC

Netflixで全世界独占配信スタートの『攻殻機動隊 SAC_2045』新キャラクター&キャスト情報解禁

攻 殻 機動 隊 sac2045

1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開され、その先鋭的且つ圧倒的な世界観とビジュアル表現により、全世界のクリエイターに影響を与えてきた近未来SFの金字塔が新たな未来像を提示する。 『攻殻機動隊S. 』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S. 』シリーズのオリジナルキャストが集結。 迫力のサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。 制作はProduction I. 傭兵となって少佐率いる部隊は新人のスタンを迎え、GATED TOWNの襲撃を企む無法者の掃討作戦を開始。 トグサは、思わぬ連絡を受ける。 トグサは、総理大臣が要請する任務を引き受ける。 第3話: ダークウェブに入り、かつての仲間たちの行方を追うトグサ。 少佐たちは謎の組織に拘束されるも仕事を持ちかけられ、大きな策謀に巻き込まれていく。 第4話: 消えた仲間たちとジョンスミスについて調べるトグサは、危険を覚悟で次なる一手を打つ。 GHOST(ゴースト)の面々は、任務の本当の意図に疑問を抱く。 第5話: 大至急で少佐たちの元へ向かう荒巻。 GHOSTは任務を開始するが、パトリックヒュージ邸の厳重な警備と予想外の事態を前に作戦変更を強いられる。 第6話: ついに再会を果たした元公安9課のメンバーたち。 第7話: 6年ぶりに日本へ戻ったバトーは、仲間と合流を果たす前に束の間の休息を楽しむことに。 だが、バトーは、素人丸出しの銀行強盗に巻き込まれてしまう。 第8話: ポストヒューマンに関する新生公安9課の任務を巡り、意見を衝突させる少佐とスミス。 少佐は、総理官邸内の内通者を洗い出すようトグサに命じる 第9話: 日本に潜伏するポストヒューマンの1人が、不正を働く政治家や役人を撲殺。 公安9課は身柄の確保を急ぐが、総理の義父が新たな標的となってしまう。 第10話: 公安9課は、ポストヒューマンのハッカーが人々を扇動したと思わしきネットリンチ事件を調査。 すると、ある少年の存在が捜査線上に浮かび上がる。 少佐とトグサは、タカシの手がかりを探す 第12話: トグサは、シマムラタカシの実家から押収したデータの解析中に異変に襲われ、意識を失う。 目を覚ましたトグサは、バトーと操作に向かうのだが。。 5年前に企画をスタートさせ、色々あってようやく発表できた。 納品したのは二ヶ月前。 その時には想像もしていなかった事態に世界中が陥ってしまったが、それでもできるだけ多くの人に観てもらいたい。

次の

『攻殻機動隊 SAC_2045』本編映像初解禁、シーズン2も制作決定

攻 殻 機動 隊 sac2045

本編映像が初公開されたほか、シーズン2の制作が決定していることも明らかになった。 Netflixが中国本土を除く、全世界で独占配信する。 彼らは、驚異的な知能と身体能力を兼ね備えた未知の存在で、社会を転覆させるような不可解な事件に直接的または間接的に関わっているようだが、目的は明らかになっていない。 ポスト・ヒューマンとの激しいバトルの末にアームスーツから引きずり出し、その動きを電脳錠で封じようとする草薙素子。 だが、そのまま電脳空間に引きこまれてしまい、卓越した電脳・戦闘スキルを持つ彼女でも太刀打ち出来ない状況に。 その異変は周囲にも影響を及ぼしはじめる……。 」シリーズを手掛けた神山健治氏と、「APPLESEED」シリーズを手掛けた荒牧伸志氏によるダブル監督体制で、キャラクターデザインはロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブが担当。 制作はProduction I. GとSOLA DIGITAL ARTS。 全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争「サスティナブル・ウォー」へと突入した。 内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ・草薙素子と、バトーたち元・公安9課のメンバー。 電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳・戦闘スキルを誇っていた彼女らにとって、この時代はまさにこの世の春である。 そんな草薙率いる部隊の前に、「ポスト・ヒューマン」と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。 彼らは如何にして生まれ、その目的とは。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

MUSIC

攻 殻 機動 隊 sac2045

1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開され、その先鋭的且つ圧倒的な世界観とビジュアル表現により、全世界のクリエイターに影響を与えてきた近未来SFの金字塔が新たな未来像を提示する。 『攻殻機動隊S. 』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S. 』シリーズのオリジナルキャストが集結。 迫力のサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。 制作はProduction I. 傭兵となって少佐率いる部隊は新人のスタンを迎え、GATED TOWNの襲撃を企む無法者の掃討作戦を開始。 トグサは、思わぬ連絡を受ける。 トグサは、総理大臣が要請する任務を引き受ける。 第3話: ダークウェブに入り、かつての仲間たちの行方を追うトグサ。 少佐たちは謎の組織に拘束されるも仕事を持ちかけられ、大きな策謀に巻き込まれていく。 第4話: 消えた仲間たちとジョンスミスについて調べるトグサは、危険を覚悟で次なる一手を打つ。 GHOST(ゴースト)の面々は、任務の本当の意図に疑問を抱く。 第5話: 大至急で少佐たちの元へ向かう荒巻。 GHOSTは任務を開始するが、パトリックヒュージ邸の厳重な警備と予想外の事態を前に作戦変更を強いられる。 第6話: ついに再会を果たした元公安9課のメンバーたち。 第7話: 6年ぶりに日本へ戻ったバトーは、仲間と合流を果たす前に束の間の休息を楽しむことに。 だが、バトーは、素人丸出しの銀行強盗に巻き込まれてしまう。 第8話: ポストヒューマンに関する新生公安9課の任務を巡り、意見を衝突させる少佐とスミス。 少佐は、総理官邸内の内通者を洗い出すようトグサに命じる 第9話: 日本に潜伏するポストヒューマンの1人が、不正を働く政治家や役人を撲殺。 公安9課は身柄の確保を急ぐが、総理の義父が新たな標的となってしまう。 第10話: 公安9課は、ポストヒューマンのハッカーが人々を扇動したと思わしきネットリンチ事件を調査。 すると、ある少年の存在が捜査線上に浮かび上がる。 少佐とトグサは、タカシの手がかりを探す 第12話: トグサは、シマムラタカシの実家から押収したデータの解析中に異変に襲われ、意識を失う。 目を覚ましたトグサは、バトーと操作に向かうのだが。。 5年前に企画をスタートさせ、色々あってようやく発表できた。 納品したのは二ヶ月前。 その時には想像もしていなかった事態に世界中が陥ってしまったが、それでもできるだけ多くの人に観てもらいたい。

次の