煽り運転 現行犯以外。 煽り運転を通報の仕方や通報された場合の対処法!ドライブレコーダーがある場合

私人の現行犯逮捕は道交法違反でもできるの

煽り運転 現行犯以外

さあ教えてやれ!けたろー!・・・とたまに応援してみるポコだっポ! 今回は、 「あおり運転をされて喧嘩を売られた。 どうしたらいいの!?」というお話をさせていただきます! この記事にたどり着いてしまったということは、もしかしてあおり運転の被害に遭ってしまいましたか!? お体は大丈夫ですか!?お怪我はありませんか!? あおり運転で何かしらの被害を受けてしまったのならば、この記事を読むよりも前に、まず警察に通報してください! 大丈夫であれば、これはあなたの参考になる記事だと自負していますから、どうか読んでいってくださいね! まずは、あおり運転がどれだけ危険な運転行為であるか知ってもらうために、 あおり運転により引き起こされた大事件を二つばかりご紹介します。 平成30年(2018年)7月、大阪府堺市南区で発生した、被告・中村精寛(なかむらあきひろ)によるあおり運転の死亡事故、覚えていますか? 中村被告が乗用車を運転中、オートバイに追い抜かれたことに憤慨して追跡。 最終的には時速96-97㎞という高速度でバイクに追突し転倒させ、バイクの運転手を死亡させてしまうという信じがたい事件でした。 この事件で、大阪地裁堺支部は「殺人罪」を適用し、懲役16年(求刑・懲役18年)を言い渡しました。 あおり運転の末、最悪の結果に陥った痛ましすぎる事件と言えます。 この事件の他にも、 平成29年(2017年)6月、神奈川県を走る東名高速道路で発生した、被告・石橋和歩(いしばしかずほ)によるあおり運転の交通死亡事故も知っていますか? 平成30年12月14日、横浜地裁は交通死亡事故に至った原因が石橋被告のあおり運転にあることを認定、危険運転致死傷罪が成立するとして、石橋被告に懲役18年(求刑23年)の判決を下しました。 石橋被告側が控訴していますので、今後の事件の動向にも注視しなければなりません。 ただ、この事件に関しても、元警察官であるわたしから言わせれば「危険運転致死傷罪」なんて甘い! 中村被告と同様に殺人罪を適用すべきなんじゃなかったのかな・・・と勝手に思っています。 思い返してみるとこの事故、本当に痛ましすぎる事故でしたね。 「あおり運転」の危険性を世に広めた事件とも言えます。 高速道路で無理やり停車させられて喧嘩を売られ、その間に後ろからトラックに突っ込まれて亡くなってしまうなんて・・・。 遺族の怒りや悲しみは想像を絶するものがあります。 もし、あなたがあおり運転を受け、そんな危険な事態に陥ってしまった場合にどのような対処法を取ればいいのかご存知ですか? 今回はそんな疑問にお答えすべく、元POLICEMANのけたろーがあおり運転を受けた時の対処法を徹底的に教えます! この記事はこんなお話• あおり運転って、なに? あおり運転とは、道路を走っている車(バイクや自転車も)に対して、車両を使って何らかの目的で車間距離を思いっきり詰めたり、幅寄せをしたり、パッシングを繰り返したり、クラクションを鳴らしまくったり、そんな危ない方法を使ってあおる行為をし、それによって危険を生じさせる行為全般を言います。 Wikipediaでは、こんな風に書いてます。 あおり運転(あおりうんてん)は、道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のことである。 わたしが以前書いたこの記事にも、わたしが受けたあおり運転のことが書いてありますので、参考にしてください。 あおり運転をされてしまった時、どうすればいいの? 元警察官の目から見て申し上げます。 継続してあおり運転を受けている場合、 その車から逃れるためにスピードを上げたりして逃げる行為は非常に危険です。 相手はきっと、その逃げる行為に対してさらに激高し、もっと追いかけてくることでしょう。 よくテレビで言っている、「・・・〇キロメートル追いかけて止めた末、暴行を加え・・・」というのはそういうことです。 あなたもあおり運転を受けていますので、非常に動揺しています。 手なんかガクガクぶるぶる震え、体は固まってどうしたらいいか分からなくなってしまう可能性があります。 そんな状態で車の運転を継続するのは、大事故に発展する可能性があり危険すぎます。 ドキドキしながら運転する行為はとっても危ないんだっポよ! 周りを確認する余裕すらなくなるから、思いもよらない事故の原因になるんだっポ。 相手は後ろにいるのが一般的でしょうから、ポンピングブレーキを使って徐々に減速するのが効果的です。 間違っても車道の真ん中で停車しないようにしてください!後続車に追突される原因となります。 自分が停車したところ、相手がそのまま走り去ったらそれで良しとしてください。 警察に情報提供するくらいはありだと思いますが、 逆に追いかけて行くことだけはしないでください。 あなたが加害者側になってしまいますから。 この時、もし相手が下りてきてあなたに対しギャーギャー文句を言っているようなら、 「緊急走行で来てください!相手が私に大声で叫んでます!身の危険を感じます」とはっきりと緊急性を伝えてください。 そうすれば、 最寄りのパトカーがサイレンを鳴らして数分で飛んできます。 そして 相手とは絶対に話をしないでください。 たとえ車をけ飛ばされても、車体に傷を付けられても話をしないでください。 今のご時世、その言葉一つで冗談抜きで刺される可能性があります。 自分の車を盾にして、まず自分の身を守ってください。 あおり運転をしてくる奴というのは、自分の感情をコントロールできない性格を有している人間がほとんどです。 そんな輩に生身で対峙してはなりません。 警察官は、必ずあなたと相手を引き離して、別々に話を聞いてくれます。 あなたがあおり運転が原因でケガをしたりしてしまった場合は、暴行罪よりはるかに思い「危険運転致死傷罪」に問われる可能性も十分にあります。 警察官から「暴行罪で相手を処罰したいので協力してほしい」と言われたときは、どうか警察に協力してあげてください。 その時は、被害届や供述調書などの作成を警察署で行うと思いますので、都合をつけて警察署に行くことになります。 そうすれば、この悪質ドライバーは「暴行罪」で警察に検挙されます。 さらに、「危険な運転をする性格を保有している者」つまり「危険性帯有者」として、免許証の点数如何にかかわらず、一発で免許停止の処分を受けることになります。 あおり運転についても然るべき処分が下ります。 現行犯逮捕は警察官でなくてもできますが、危険なので警察官にしてもらってください。 こうなったら、 絶対に相手を許せませんので、法的手続きによって徹底的に処罰してもらってください。 壊れた車の修理費用なども、当然相手に請求することができます。 自分の知り合いに弁護士がいる場合は、すぐ連絡して相談してください。 相手より先に帰らないと、相手に再度待ち伏せされる可能性があります。 そして数日間、その時間帯はその道を通らないようにしてください。 高速道路上であおり運転をされ停止させられた(停止させられそうになった)場合の対処法 高速道路であおり運転をされ、幅寄せをされて停車せざるを得ないなどの危険極まりない事態に陥ってしまった時は、 運転しながらで結構なのでスマホから即座に110番しましょう! 耳元に充てての通話が不可能ならば、110番に掛け、繋がった状態で膝の上にでも置いて、「自分はどこにいるのか」「何をされているのか」「早く来て」を繰り返し大声で話し続けるのも手です。 もちろん、運転中の携帯電話等の使用は本来は違反ですが、今はそんなことを言っていられません。 追突されれば大事故に発展し、最悪命を落としてしまうかもしれない緊急事態です。 このような「緊急事態」という然るべき事情があっての違反であれば、警察は絶対にそれを咎めることはしません。 結論はたった一つです。 あおり運転をされたら、自分の車を止めてすぐに警察に通報してください! 自分で対処しようとすれば、当然喧嘩に発展してしまいます。 そして、 万が一相手が車から降りてきて「降りてこい」などと暴言を吐かれたり、車体をガシガシ叩かれたりと危険な事態になった時は、相手が完全にあなたに対して危害を加える気ですから、絶対に車外に出て相手と対峙することはしないでください。 自分の車を守るより、自分の身を守ることを最優先に考えてください。 それに、あおり運転するような輩は必ずウソを付いて逃げようとしますしね。 下記にご紹介するドライブレコーダーは、実際にわたしが使用しているものです。

次の

遅い車を軽い気持ちであおったら犯罪? あおり運転は暴行罪になることも

煽り運転 現行犯以外

なぜオービスによるスピード違反だけがあとから捕まるのか、というと、 交通違反の取り締まりの原則は現行犯だからです。 なので、オービスに撮影された以外で現行犯で警察に捕まらなければあとから連絡が来て捕まるようなことはありません。 特に法律上では現行犯でないといけないというような記載はありませんが、現行犯以外で交通違反を取り締まるための証拠などを準備して捕まえる時間を考えると、現在目の前で起きている違反や事件に時間を使う方が有意義だからです。 ではなぜ、オービスで撮影されたスピード違反がについてはなぜ例外なのか。 これは誰でも考えればわかることだと思いますが、 オービスで撮影した情報を警察が手に入れて解析するまでにいくらかの時間がかかるからです。 ちなみ にオービスが光る速度は高速では40km超過=一発免停となるのでもし光らせてしまったら覚悟しておきましょう。 また、これは稀にあるケースですが、自身の交通違反の様子を動画共有サイトなどへ投稿するといった場合はそれを証拠に警察に捕まることがあります。 YouTubeに動画をアップした人が捕まる事例は実際にあります。 最近ではフェラーリーで、速度オーバーしてる動画をYouTubeで上げた医者が逮捕されてますね。 またドライブレコーダーに煽り運転などの様子を撮影した動画を警察に送ることで煽り運転をした運転手が捕まるというようなこともあります。 そう考えると油断できない世の中にになりましたね^^;.

次の

あおり運転の被害を防ぐ対策TOP5|遭わないようにするための対処法・おすすめグッズも紹介

煽り運転 現行犯以外

運転中でした経験ありませんか? ナビでは、妨害運転罪 に対する罰則 の創設に合わせて運転中のや被害に関するを実施しています。 あなたの経験をお聞かせください!回答後に他の人の結果を見ることができます。 あお り 運転 あおりうんてん とは、後方から極端に車間距離をつめて威圧したり、理由のないパッや急停止をしたり、故意に特定の車両の運転を妨害するような振る舞いをしたりする迷惑行為です。 なお、で度々取り上げられるようになった 『・』とは、をする人自体を意味しています。 はもともと違反行為で処罰の対象でしたが、6月のをきっかけに、世間でも問題視されるようになりました。 それに伴い、でも厳罰化が検討されています。 は、と同様にかなり悪質な違反行為として認識されつつあります。 この記事ではの具体例や対処法・罰則のまとめをご紹介します。 がどのような危険行為なのかを確認したい場合にご参考ください。 あおり運転の取り締まり件数 が公表した『』によると、の車間距離保持義務違反の取締り件数は 6,690件です。 の取り締まり件数 7,571件 6,690件 ただ、車間距離保持義務違反だけがではありません。 その他の違反でのも考慮すると、による取締り件数は、もっと多くなる可能性が高いでしょう。 なお、6月に 全国ので一斉取り締行なったところ、7日間で1,000件超のが検挙されました。 として取り上げられたですが、まだまだ違反者が多いのが現状です…。 【参考】 あおり運転の罰則 に起きた、による死亡事故 をきっかけに、は対策としての罰則強化を打ち出しました。 より「妨害運転罪」が創設され、に該当する違反行為や罰則を明確に定めました。 罰則について具体的に知りたい方は「」をご覧ください。 妨害運転罪以外にもの一連の行為で、問われる刑罰はあります。 具体的には以下の通りです。 妨害運転罪以外に問われる可能性がある刑事罰 罪名 刑事罰 問われるの例 暴行罪 2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金• ・相手の胸倉をつかんだ• ・車両を殴った• ・物を投げた 等の行為があった場合 傷害罪 15年以下の懲役または50万円以下の罰金 や殴る・蹴る・物を投げる等の行為で相手に怪我を負わせた場合 脅迫罪 2年以下の懲役または30万円以下の罰金• ・「殺すぞ」• ・「殴るぞ」• ・「金とるぞ」• ・「車を運転できない身体にするぞ」 等の発言を行った場合 あおり運転の具体例 には明確な定義はありませんが、ここでは一般的にあおり行為であると捉えられる代表的な危険行為を、8つご紹介します。 いずれも道路交通法違反に該当するですので、絶対に行わないでください。 ・車間距離を詰める• ・幅寄せ• ・蛇行運転• ・クラクションでの威嚇• ・必要のないハイ• ・ものを投げる• ・車両を殴る• ・暴言を吐く 車間距離を詰める 後方から車間距離を極端につめて前方車両を威圧する行為は、おそらくとして最も認識されている行為なのではないでしょうか。 なお、で公表されているの検挙数もこの 車間距離保持義務違反のが基になっています。 一般的に後方車両が取るべき車間距離は、走行速度から15を引いた距離が安全とされています。 の場合は走行速度と同じ距離 そのため、この距離よりも後方車両が意図して接近を繰り返している場合はあおられている可能性があるかもしれません。 走行速度 適切な車間距離 40キロ 25 50キロ 35 60キロ 45 70キロ 70 80キロ 80 <車間距離保持義務違反の動画> ちなみに、車間距離をつめてあおられた仕返しに急停止して事故が起きた場合には、停止した側も責任が問われる可能性があります。 重大な事故を招く危険もあるので、急での抵抗は絶対にしないようご注意ください。 幅寄せ 幅寄せとは、 隣の車線で走行している車がわざと自分の車両側に寄ってきてこちらの運転を妨害する危険行為です。 走行中だけでなく追い抜きをする際にわざと距離をつめてくる嫌がらせもよくみられます。 また、で車道を走っている人が幅寄せのあおり行為を受けるも非常に多いです。 あえてギリギリまで距離をつめて横を通り過ぎる。 やられた側は恐怖心から事故を誘発する可能性も高く、とても危険な行為です。 <幅寄せの動画> 蛇行運転 蛇行運転とは、 蛇がうねるように右や左へしながら走行する危険行為です。 後方から威圧をしたり前方から進行を邪魔したりする目的で行われます。 者や高齢者があおる意図なく行ってしまい事故に発展するもありますが、周囲の状況を伺いつつこちらの車両だけを意識してしかけてきているようであれば、それはである可能性が高いでしょう。 クラクションでの威嚇 正当な理由なくクラクションを鳴らし続け、特定の車両を威嚇する行為もの一種です。 特に後方から自分の走行速度よりも遅い車両に対して行われるが多いです。 <クラクションでのあおり動画> なお、クラクションを鳴らしてもよい状況は道路交通法で明確に定められており、それ以外の場面で使用するのは違反です。 当然、あおり目的で鳴らす行為も違反行為に該当する可能性が高いでしょう。 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。 ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。 一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で等により指定された場所を通行しようとするとき。 二 山地部の道路その他曲折が多い道路について等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。 【引用 】 必要のないハイビーム パッシング 後方からわざとハイ走行をして前方車両の運転手の視界を妨げるあおり行為です。 通常だと前方に車両がいる場合には夜間でもローに切り替える必要がありますが、では意図的にハイでの妨害が行われます。 単純に不注意でハイを切り忘れているというもありますが、ずっと後ろにいた車両が急にハイに切りかえてくるといった状況ならあおりが目的であるかもしれません。 物を投げる 苛立ちからあおっている車両に向かって物を投げる行為は道路交通法違反となります。 5万円以下の罰金に処されます。 第七十六条 四 石、びん、金属片その他道路上の人若しくは車両等を損傷するおそる物件を投げ、又は発射すること。 五 前号に掲げるもののほか、道路において進行中の車両等から物件を投げること。 引用元: 車両を殴る 車両を殴る行為は暴行罪となる可能性があります。 暴行罪は、暴行を加えた対象の人が傷害するに至らなかった場合に問われます。 相手が負傷する可能性がある行為全般に適用されるため、車両を殴る行為は暴行罪に問われる可能性があると考えられます。 暴行罪で有罪になった場合、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は勾留もしくは科料に処されることになります。 を意図的ではないと主張したとしても、車両を殴る行為があった場合は認められる可能性は低くなると言わざるを得ません。 暴言を吐く 走行車両に対して、 「殺すぞ!」 「何をやってるんだ!」 「邪魔するな!」 等の暴言を吐く行為に関しても、と一般的にみなされるでしょう。 特に「殺すぞ!」等の発言は生命に害を与える旨を告知していることにあたり、脅迫罪となる可能性があります。 第二百二十二条 第1項 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。 第2項 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。 引用元: 暴言を吐く行為は信仰妨害等の他の行為を意図的に行っていたことを証明することにもなるため、とみなされる可能性が高まると考えられます。 あおり運転の対策 『』は通常ではが多いです。 どんなに注意して運転していたとしても、絶対にのから逃れられるとは限りません。 そこで、ここではにあった場合の対策をご紹介します。 警察への通報 証拠必須 レーの録画でをされた事実を証明できる状況であれば、警察に通報することで相手を罰してもらえる可能性があります。 のは現行犯でない限り口頭注意で終わってしまうが多いです。 しかし、で違反行為の様子を提示することで、何かしらの罰則を与えられるかもしれません。 通報はその場での番が理想ですが、時間が空いてしまった場合は、なるべく早めに警察署に出向き証拠を提出しましょう。 あおられても相手にしない をされた時の最善の対処法は、無視または安全な場所への一時停止です。 をする人は気性が荒いが多く、仕返しや対話をしようとすれば、暴力事件など更なるに発展する恐れがあります。 万が一、車を停止した際にをしてきた相手が車から降りて迫ってきた場合には、決してドア・窓を開けて対話しようとせずにすぐ警察へ通報しましょう。 【詳細記事】 あおり運転で負傷した場合は慰謝料請求可 が原因で負傷した場合には、加害者に対して慰謝料の請求が認められる可能性があります。 もし事故で負傷をしたのであれば、 必ず病院で診断書を取得して警察署にとして申請をしましょう。 慰謝料の金額は被害状況や請求方法などによって変わります。 以下はに請求を依頼した場合の相場ですが、あくまで目安として参考にしてみてください。 そのため、明確なの定義は存在しません。 ただ、少なくとも当記事で紹介した違反行為は、として扱われる可能性が高いでしょう。 は重大事故を引き起こしかねない、非常に危険な交通違反です。 万が一、あおりのになってしまった場合には、決して相手にせず、距離をとってやり過ごしてください。 また、執着された場合には、すぐに警察に通報されることをおすすめします。

次の