インフルエンザ 注射 痛い。 インフルエンザの予防接種は会社負担で受けられます!

インフルエンザの検査は痛いの?!泣くかと思った体験談はコチラです

インフルエンザ 注射 痛い

インフルエンザワクチン接種もほぼ終了。 500回以上打った(1歳から99歳まで)。 いろいろ注射の方法を変えて(もちろん許容範囲内で)、痛くない注射の方法を調べた・・・ まずインフルエンザワクチンは、日本では皮下注射であるが、アメリカでは筋肉注射している。 どちらがいいのか・・・ 日本での打ち方(皮下注射)。 26-29Gの細い針で、原則上腕伸側の下3分の1あたりに、皮膚をつまんで隆起させ、皮膚から10~30度くらいの角度で刺し、血管に入っていない、神経に接触していないことを確認して、ワクチン液をゆっくり注入する。 注射後、接種部位を数回もむ(強くもんで皮下出血しない程度に)。 以下は、私の経験と文献のちゃんぽんなので、すべて正しいと思わないように・・・ 1)注射針を刺す時の痛み;皮膚をつまむと皮膚がたるむので、針を刺す時、切れ味が皮膚を張って打つ時より悪い。 できるだけ張った状態の皮膚で打つ方が痛くない。 筋肉注射の方が皮下注射局所反応(発赤)は少ない。 皮下注射でも、深い方が局所反応は少ないらしい。 2)皮膚には痛点という痛みを感じる点が無数にある。 細い針で、角度を立てた方(10度より30度)が痛点を避けることができ、刺す距離も短くなるので痛くない。 3)注射液が組織、血管を圧迫する痛み。 筋肉組織の方が皮下組織より密なので、注入すると組織を押し広げるので痛みが大きい。 皮下にゆっくり注入する方が痛くない。 4)注射する液の性質による痛み。 注射液が人の体液との違い(pH、浸透圧)が大きい程、痛みが大きい。 生理食塩水だとあまり痛くない(インフルエンザワクチンは生理食塩に近い)。 注射液を変えることはできないので、対策としては、ゆっくり注入する方が痛くない。 5)筋肉注射の方が皮下注射より局所反応(発赤)は少ない。 皮下注射でも、深い方が局所反応は少ないらしい。 日本では皮下注射することになっているので、皮下の深い部位に注射する方がいい。 以上の結果から、 私は、27Gの針で、原則上腕伸側の下3分の1あたりに、皮膚をつまんで隆起させ(患者さんによってつまみ加減を変えて、できるだけ皮膚がたるまないように)、皮膚から30度(以上)の角度で刺し、血管に入っていない、神経に接触していないことを確認して、ワクチン液をゆっくり注入。 注射後、接種部位を数回もむ(強くもんで皮下出血しない程度に)ようにしている。 やせた男性(のお年寄り)の場合、皮下があまりなく、打ちにくい。 一方、太った中年女性の場合、皮下脂肪が多いので、皮膚をつままずに、皮膚を張った状態にして、30度(以上)の角度で打つ。 その後ワクチンをゆっくり注入すると痛みが少ない。 おばさんの太い腕を見ると嬉しくなる 注射蜂の空のお世話係.

次の

インフルエンザの予防接種の効果は?期間はどのくらい?

インフルエンザ 注射 痛い

子どものころは、泣き叫んだり、逃げ回っていたりした人も多いであろう注射。 大人になってからはさすがに人前で泣いたりすることはないものの、注射が得意という人はあまりいないのではないだろうか。 皮内注射はアレルギー検査、静脈内注射は点滴などで使われることが多い。 そして、皮下注射と筋肉注射は、主に予防接種で用いられる。 「注射は、針が刺さるという物理的な刺激と、薬の化学的刺激(pHや浸透圧)によって痛みを感じます」 と、信州大学医学部附属病院第1内科の牛木先生。 pHとは、その物質が酸性かアルカリ性かをしめす基準値のことで、浸透圧とは、濃度の違いにより生じる圧力のこと。 薬物と血液とのpHや浸透圧の差が小さいほど刺激が弱く、大きいほど痛みを感じやすいのだという。 「一般的に、皮下組織に薬物を注入する皮下注射の方が、筋肉に薬物を注入する筋肉注射より痛いです。 ただし筋肉注射の方が薬の吸収が早く、化学的刺激の強い薬剤でも投与可能です。 したがって、薬の違いにより筋肉注射で痛みを強く感じる可能性はあります」(牛木先生) 「筋肉注射は痛い」というイメージを持つ人も多いが、それは薬剤の浸透するスピードと薬剤の強さが原因のようだ。 注射する部位を冷やしておくことや、親指などで強く押しておくと注射時の痛みを軽減できることがあります」(牛木先生) これからの予防接種の季節になるが、インフルエンザワクチンは皮下注射。 毎年痛みに苦しんでいる人はぜひこの記事に書かれていることを思い出し、痛さ対策の参考にして欲しい。 (酒井理恵) 教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff) 外部サイト.

次の

インフルエンザワクチンの注射はなぜ痛い?医師の視点(中山祐次郎)

インフルエンザ 注射 痛い

もくじ• 日本では皮下注射(皮膚の浅いところに刺す)で、予防接種するように指導されていて、 米国などでは筋肉注射、筋肉注射のほうが腫れにくいですが、痛みが強いようです。 日本ではワクチンのショックを減らすために皮下注射にしているようで、痛みが少なく、 またインフルエンザの予防接種の針は細いので、注射の中でも痛くない方です。 皮膚には痛点という痛みを感じる部分が無数に存在するそうです。 ちょうど網目のようになっている感じです。 そこを避けて注射されれば、痛みはさほど感じないようです。 ただ、見た目からは判断できないので看護師さんは神経を刺さないように、注意はできますが、痛点まではわからないので、長年の感によるものが大きいのではないでしょうか。 また、器用、不器用は存在するので器用な人は痛くない処置の習得が早いのもあるのでは ないでしょうか。 これは根拠はないのですが、良く病院の職員の間で言われます。 ただ、中身の添加されているものが変わってはいないので、 私の憶測では、液体が冷たければ痛みを感じやすいのと、 ワクチンを注入するスピードが早ければ痛みを感じやすいのではと考えています。 では、赤ちゃんの時に受けた注射の時の痛みが記憶の奥からよみがえり、 見ているだけで痛みを感じるというもの。 一度、注射部分を全く見ないで受けてみればわかるかもしれないです。 痛くない方法とは? 注射を打つ前に注射の打つ、肘の上のお肉の薄いところを ギュッーと数秒押さえてから、 注射してもらうと刺す時の痛みは、麻痺してしまうのか痛くないです。 これは、病院で痛いのが嫌なのでと言って痛くない方法を聞くのもいいかもしれないです。 私の場合は、勝手に押さえていますけど痛くないですよ。 注射後の痛みは? 注射後に痛みを感じる腫れを起こす人は、 体質によるところが大きいようです。 そういう方は毎回、決まったように腫れます。 接種後は揉んではいけないので、熱を持っているようなら冷やすほうがいいです。 そして、時間とともにだいたい、2,3日で痛みも緩和されてくるはずです。 まれに、重篤な副作用が起こることもあるようですが、安全性の高いワクチンと考えられています。 それでも、具合が悪いようなら注射を受けた病院に診てもらうほうが良いでしょう。 まとめ インフルエンザの予防接種の時期、インフルエンザが流行するのが12月~3月にかけてで、 11月後半から12月にかけて予防接種を受けるのが良いです。 効果は五ヶ月ぐらいのようですので、早めの接種にご注意して下さい。 注射の時の痛みよりも、インフルエンザの重症化してしまったら辛いですし、 さらには周りの人にうつしてしまうかもしれないので、 そう考えたら、インフルエンザの予防接種を受けたほうがいいかもしれないですね。

次の